2016年ラストは愛犬とのお別れ。   

2016年 12月 18日
2016年
最後のブログを
三重県 伊勢市で書いています。

東名から見えた富士山は
今年もとてもきれいでした。
c0304922_10150977.jpg


まずは
無事に帰省できたことに感謝
(*^^*)

しかし今年は
少し前にも書きましたが

なんだかちょっと
悲しくて辛いことが多かったな…

ラストの12月
12日の新横浜 一徹温泉で
めでたく
今年のイベント納めをした翌週…

18日の昼
愛犬が急死しました。

突然のことすぎて
火葬した後も
なかなか
受け止められませんでした…

今まで
犬も猫も
何度も看取ってきましたが

1度だけ
交通事故で亡くしたことがあり

突然いなくなる
というのは2度目です。

たいていは病気になり
経済的にも
精神的にも肉体的にも
打ちのめされるような

もう無理だと思う瞬間が
何度も襲ってくるような
そんな介護と通院の日々を経て
必死に看取ってきました。

なので
当然ですが

別れるときは
そういうものだと

いつもそんな覚悟をしてきて

最後は
何があっても
看取らなければならないし

そしてそれは
とても大変なこと

私はずっとそう思っていて

でも
そうだからこそ
帳尻があうような
諦めがつくような

できることはやった
十分面倒はみた
そう思えることで
死も深い悲しみも
受け入れて乗りこえて来れました。


けれどルナは…
突然いなくなりました


私の
「看取る」という覚悟は
果たせないままの別れです。


家族みんなが休みで
たまたま全員家にいるという
土曜日の朝に倒れ

開院と同時に運び込み
緊急入院後 昼に亡くなるという

信じられないほど急な別れ…


まるで
ルナ自身が
…迷惑かけないように

この日に決めていたような…

そんな
飼い主孝行すぎるところが
ほんとにズルいな、と思いますが

臆病で賢い
ルナらしいなぁ とも思ったりして。

でも
ちょっとくらい
面倒を見させてくれても
よかったのに…

恨めしいような気がします。

それこそ
あまりに突然すぎて
心残りすぎて

諦めがつかない


スパッと幕引きをした愛犬に
おいてけぼりにされて

私は
気持ちの持っていきようがなく

ただただ
呆然としていました。

もしかしたら
ルナ自身が
驚いてるかもしれませんが


突然すぎる別れは
家族のみんなが
なかなか納得できず

こんなの
ないよ…



受け入れたくても
受け入れられず
いまだジタバタしています。


ルナが苦しんだ時間は短くて

通院だの
服薬だの
手術だの

そういう
嫌な事や怖いこともせず
最後まで家で過ごせて

前日まで
ご飯もたべて
散歩もして

それは
とてもよかった
と思っているのです。

でも
最期が病院でした…

そばにいてやれなかったことに
大きな後悔が残っています。


仕方がないことは
わかっています

でも
受け入れて
乗り越えるのが
困難すぎるのです…


長患いしたり
手術を繰り返したり
通院しまくったり

それはそれで辛いことでした。

今まで経験して来た
そういう全てのことは

生きていてほしいと願う
飼い主側のエゴではないかと

何度もそう思ってきました。

でも
そのときは
そうすることしかできなくて

それはそれで
苦しみました。


できる限りのことを
という気持ちから
ありと
あらゆることを施してもらって

結果として
長々と苦しい思いをさせてしまった
ということに

幾度となく
後悔してきたのです。

安楽死を選べず
無駄に苦しませた
…と思うことは
2度あります。

それもまた
今も私の中では辛い記憶

この先
同じようなことは
繰り返すまいと
ずっとずっと思ってきました。

最期のことは
いつも考えてきました。


ただ
突然の別れは

その覚悟は
まったくしてこなかったのです…

当然有り得ることなのに。

ルナは
それを教えてくれたのかも

そんな
こじつけをしてみたりしつつ

年末年始は忙しく
その忙しさに救われました。


新年を迎えることで
どうにか切替えて

ちゃんと受け入れて
乗り越えていかなくては…と

今はそう思っています。


2016年
最後まで
あまり いい事がなかったな
などと思いつつ

その年を
家族みんなで越せることは
なんだかんだ幸せだと思います。


今年 最後の記事なのに
湿っぽい話になってしまいました。

来年は
良い事がたくさん起こりますように…
(>人<)


少なめの更新でしたが
2016年
どうにか
ブログを続けることができました。

お越しいただいた皆様
本当にありがとうございました。




追伸

私、大晦日は
伊勢神宮外宮でお餅を焼いて
2017年を迎えます。

みなさま
良いお年をお迎えくださいませ
( ᵕᴗᵕ )

by otpp | 2016-12-18 18:44 | 日々徒然 | Comments(4)

Commented at 2016-12-31 13:21 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by otpp at 2016-12-31 20:54
miwamiwaさん

ありがとうございます。
たくさんのペットと暮らしているので
当然別れも同じ数だけあり
それを受け入れて乗り越えるという
その覚悟も当然しているのですが
まさかの突然の別れは
あまりにも衝撃的すぎて
いまだに泣けてしまいます。

それでも
帰省は気分転換になりましたし
新年を迎えるというタイミングで
立ち直っていかないと…と
前向きに考えられるようになりました。

2016年は
あまりいい事がなかったな
と思ったりしましたが

いい事はそれなりにあったので

辛いことがちょっと多かったな
という感じですね(*^-^*)

2017年は
いい事が多かったな
と思える一年になりますように

そう願って
みんなで
年末年始を過ごしたいと思います。

ブログに
いつもあたたかいコメントを残してくださり
いつも励まされました。

本当にありがとうございました。
Commented by miwamiwa at 2016-12-31 22:13 x
キキさん
返信ありがとうございます

そしてキレイな富士山のお写真も
ありがとうございました
おめでたいですね

私は今年10キロ痩せて、
一徹さんに出会えた年なので
とても良い年だったのですが、
父が大病で手術をしたり、ダンナさんが事故で
大きなお金が急にいることになったりと、
いろんなことがありました。
そのときは必死でしたが、今となっては
なんとかなる、と思えるようになったのは、
大人になったのですね。

10キロ痩せれたのは、キキさんのブログのおかげです
どのダイエット本より効きましたよ。
ありがとうございました^^

そういえば最近仲良くなった息子の友人のママさんが
伊勢市の出身で
「伊勢ではしめ縄飾りを年中飾っている。なぜなら
伊勢は神様の特別な町だから」
「ほんまかいなー」
という話で盛り上がりました^^
一回しか行ったことないんですが、赤福氷大好きです
暖かくして、年越しもち焼き、がんばってくださいね。

来年もよろしくお願いします


Commented by otpp at 2017-01-02 10:03
miwamiwaさん

昨夜
無事に自宅へ戻りました。
10時間の旅でした。
途中で9台の玉突き事故処理を追い越し
神奈川で前の車が
その前の車に追突して
危うく巻き込まれそうになり
と ヒヤヒヤしながらの帰路でしたが
富士山へ手をあわせ御加護を受けたのか
無事に帰って来れて本当によかったと
ホッとしています。

一年を振り返れば
いいことばかりではなく
また
悪いことばかりでもなく

今年への期待は大きいですが
やはり それなりの
いいこと 悪いことが
ちゃんとやってきて

あらゆることを
乗り越えていくことが経験であり
成長ということなんだろうなと

いくつになっても
学ぶことは多いということなんだなと
そんなことを思ったりしています。

帰省では義父母と参拝したり
紅白からゆく年くる年を観たり
のどかな年越しができました。
なによりも
家族みんなが元気でありますように…
これ以上の願いはありませんよね(*^^*)

さて
伊勢のしめ飾りのお話

本当にそうですよ。
全家庭というわけではありませんが
古いお家や施設などは
年中かざっています。

それが
伊勢市らしさを感じさせます
やはり
伊勢神宮がある町ですからね^^