カテゴリ:イベント&メディア( 71 )

五徹

行ってまいりました。

Twitterでも
たくさん上がったと思いますが

そうですね

今回は
イベントの
オープニングムービーを
制作して 発表してくれました。

これが

想像以上によかった!

あー
こう来たか〜
と思いましたね。

私が撮ったお写真は
とても微妙で申し訳ありませんが
c0304922_00023887.jpg


一徹くんは
袴姿で
巨大書に挑戦しています。

書いたのは
「徹」

それはそれは
大きな書で
ロフトの上の楽屋の柵から
だらりと下げて

ようやく見やすくなるような

それくらいの
大きさでしたが

オープニングムービーは
この巨大書を書いている姿が
テンポよく映像化されていました。

カッコよくて
コミカルで

音楽もですが
何もかも素晴らしい
さすが
プロの作ったものだなぁと

感動しました。


そして
この書
なんとプレゼントするというので

それはまた
ものすごいプレゼントだなぁと

我が家などは
狭いし天井も低いしで
とても飾ることはできませんが

それでも
これは最高に思い出深くて

記念になりますよね


今回も また
私のまわりから
次々と当選者が出るという
(自分は未当選ですがw)

そんな
幸せな雰囲気の
五徹でございました^^


流れとしては
いつものように
今立さんが登場して

今回のオープニングトークは

「ファンの入りの早さについて」(笑)

オレ
12時15分くらいに入ったんですけどね

あー
地上には(笑)

入口んとこにはね

たくさんいるんだろうなぁ
と思ってたんですよ

そしたら
もう いないの
ほとんどいない

一体どうしたのかと思いましたよ

チケット完売だったよね?
あれ?ってね


で、入ってみたら
もう
みんないるのね

一時間前?
早すぎない?

なんなら15分前くらいで
いいんじゃないの?

なにしてんの?

あー
飲食ね
まんまと
ロフトの思うつぼ的な(笑)


…という
ま、今立さん的には
ひじょうに驚いたということで

こんなお話になって

イベント入場が早すぎる件

整理券問題

そんな感じで
もう
一徹くん呼ばずに
この話をしましょうか
という
流れにしてからの

一徹くんの登場となりました(笑)


ま、
入場の話ですが

これは
結局
席が自由席だからですよね。

だから開場に合わせて
みんな並ぶんですよ。

指定席なら
別に急ぐ必要なんてないのですが

席が自由となれば
早く入らなければ
いい席はなくなるわけで

これ どうしても
開場時間に合わせて並び
番号順に入って
少しでも良い席…と思ってるわけですよ 皆さん。

もしくは
知り合いと並んで楽しもう、とかね

そんなこんなで
ほとんどの人は開場時間に並んで
番号順に入場して
席を確保するのです。

これが
指定席ならば
もう少し遅くなるでしょう


とはいえ

これだけのオーダーを取る
ということを思うと
仮に指定席となっても私は
早く着席して
早くオーダーをいれて
のんびり待つ
という風にするかもしれません。

乾杯したいですしね(*^▽^*)

とりあえず
そんなオープニングだったので

あれこれと
考えることがあり

気がつけば
お二人はたくさんお話していて

今回
その辺
あまり覚えてませんが

ツッキーが
LINEのグループを組んで
それが
「乱交好き」
という名前で

それに
一徹くんは入ったのに
ツッキーがやめてしまって

一人になったので
ボクも退会しました

という
ツッキーらしすぎるお話(爆)


そして
近況として
今立さんが
ゲームショーの司会をしたということを一徹くんが振り

それからゲームの話を
けっこう長々としてました。

今立さんが
ゲーム実況をしているので
ボクもしてみたい〜
毎週今立さんの家に行って
やるのはどうですか?みたいに言って
一蹴されたりとか(笑)

説明を聞いて
へぇ〜
そんなこともできるんだ~
やってみたいなぁ

なんてことを
本気モードで言ったりもしてました。

もしかしたら
一徹くんの
ゲーム実況
あるかも…ですが

(;-ω-)ウーン

どうかな(笑)

なんだかんだと
言ったことは叶えてるので

先々
忘れた頃に
唐突に始まるかも知れませんね
(⌒-⌒)

そして
写真集の話題

しかし
一徹くんは
今日写真集の話をしようと思ってて
今立さんにも
プレゼントしようと思ってたのに
写真集を持ってくるの忘れちゃって
(´>∀<`)ゝ

…と(爆)


もう
ほんと
一徹くんらしくて
笑いましたが

客席から
持ってきてるよ~と
写真集を差し出されて
(素晴らしいフォロー)

それを借りて
今立さんに見てもらうことになり
トークは無事に続きました(笑)

今立さん
ツッコミまくりながら
写真集を見て

一徹くん「今回脱いでないんです」
今立さん「ほんとだ」
今立さん「あ、でも これっ」
(きっとポスターの写真ですね)

という会話のあと

すみません
写真集 後で送ってもいいですか?
という一徹くんに

今立さんは

うやむや、というか
どうでもいい
みたいなニュアンスを滲ませ(笑)

取ってつけたように

「いや買いますよ はい」

いつもの
投げやりっぽい言い方で言い(笑)


結局…
送るのよね…?

みたいな感じで終わりました^^


やはり
5回目ともなると
いい感じに
慣れてくるというか

二人の掛け合いというか
今立さんのツッコミの
遠慮のなさか強まり(笑)

それが
ポンのコツな一徹くんに
よく似合うという(笑)

個人的にはそんな印象で
とても楽しかったです。

今回は
一徹くんは
ジャケット着用
c0304922_00024029.jpg


いや
ほんとに神ビジュで。
(≧∀≦)♡
時々見せる表情がまた素敵で
見惚れました。
ちょっと
前髪長めでしたが
ほんとカッコよかったです。

綺麗な横顔も
たっぷりと堪能しました。
c0304922_00385625.jpg


おもしろい姿も見ることができて
c0304922_00024433.jpg

(このサングラスも客席から)

ステージお近くの
ファンの方のおかげで

トークも写真撮影も
一段と盛り上がり

感謝感謝の五徹となりましたね。


こういう風に客席と
一体感のある楽しみかたが
できるようになって
良かったなぁと思いましたね。

ゆる〜っと
一徹くんもファンも
一緒に楽しめるようになると

これからますます
温かくて
楽しいイベントになるだろうなぁ
と思いました。


そういう所も含めて
トーク力のある男性に
仕切ってもらえるというのは
なんだか
やっぱりいいな

心強いなと

今立さんを見て
しみじみと。


これからも
六、七、八…五十徹 百徹と

末永くつづきますように…


そして
また
参加することができますように

と祈りつつ
ロフトをあとにして

そしてまた
性懲りも無く
ダラダラ飲んだワタクシでした
(´>∀<`)ゝ

あぁ
イベントは楽しいな

この飲みも含めて
実感した1日

感謝感謝
(*´∀`*)
by otpp | 2017-10-16 22:45 | イベント&メディア | Comments(5)

2017 an・an

またまた
お久しぶりになりましたが

2017an・an 付録DVD
ようやく観ました。


今年も
SILK LABOが手がけた
というので
楽しみにしていましたが

今回は
なかなか買えなくてですね…

Amazonに頼もうかな~
と思っていたところ
立ち寄ったコンビニで発見し
無事にゲットいたしました。

ということで
ようやく
鑑賞し終えましたが

まず
なんとも
熟れたというか

作品そのものも
映像や雰囲気も

もう すっかり
出来上がったなぁ…
というような

完成度が
ますます高くなったな〜
と感じました。

3作ともまとまっていて
良作ですね

どれも
忘れられないsex
となるのは間違いない
そういう
心に残る瞬間を
映像化している作品でした。


まず
「友達の弟」

夏目哉大くんは
COCOONを1作見ていますが

今回の作品では
可愛い年下の男のコ

なかなか
お似合いの役だと思いました。
自然な笑顔が可愛かったです。

こんな弟がいたら
めちゃくちゃ可愛がっちゃうなぁ
(*´ー`)

お相手の
通野未帆ちゃんも
可愛くてスタイルが良くて
とても魅力的な女優さんなので
それだけで安心というか
大丈夫だと思いましたが

2人の雰囲気が
とてもいい感じでしたね。

ともすると
間が悪くなりそうなやり取りが
自然でした。

全体的に無理がない
と感じたのは
脚本と演出力ですよね。

未帆ちゃんと哉大くん
実際は
同じ歳くらいではないかと思いますが

「律子さん」
「湊くん」

と呼び合うところに
年下感が表れていて
キュンとする
恋の始まりを描いた作品です。

湊が律子に夢中になって
ケンカしながらも
仲良しの
カップルになるんだろうなぁ
と思えるラストも◎でした。
(*^^*)


そして
有馬くん&きみと歩実ちゃん

「10年目のキス、そして。」

これは
ある意味 王道ですよね。

みんな
初恋の記憶はあり…
初めての恋には
後悔の一つ二つ あるはず。

やり直せるなら
もっとこうするのに
こうしてたのに…

なんて
そんな思いがある人
たくさんいると思います。

そういう人には
まさに
理想のシチュエーション

友達の結婚式の後のbarで
偶然 出会った
中学時代の淡い恋の相手との
再会と恋の始まり

初カレと初カノ同士の2人は
お互いの変化に感激しつつ
意気投合し(縁も感じつつ)
再び付き合うことになるのですね

そんな2人の
初めての時間…

イヤでも盛り上がりそうです
(〃艸〃)

まず
やたらと恥ずかしい
でも
ものすごく嬉しい〜

そんな
嬉し恥ずかし感が
こちらに伝わるような
可愛い2人を

有馬くんと歩実ちゃんが
最高の笑顔で演じています。

歩実ちゃんは
一徹くんの
卒業作品のお相手でしたね。

とても可愛くて
お芝居もお上手で

今回
有馬くんのお相手で
とても嬉しかったです。

有馬くんは

なんというか

もう 余裕
貫禄ですよね。
an・anも3度目ですし

どう見えているのか
見られているのかが
わかっていると思うのですが

自然度は増しているというのに
隙がない
カッコいい

ソツがない芝居
というのは
決して褒め言葉にはなりませんが

前は
正直なところ
そんな印象のときもありました。

でも
今回の作品では
より一層
自然になったなぁと感じて
本当にすごいなぁと。

なので
余裕で貫禄
と言わせていただきました。

有馬くん
これで
またファンが増えちゃうなぁ〜
めでたいなぁ

なんて思うわけですが

遠くに行っちゃイヤ
(( ´・ω・` 三 ´・ω・`))
という
複雑なファン心も
ありつつ(*´ー`)


でも
やっぱり
若いコたちを今まで以上に
ぐんぐん引っ張っていってほしいし

ますます
頼れる存在になってほしい
と思っています。


最後は
一徹くんと涼川絢音ちゃんの

「同棲解消の夜」


これは
タイトルから想像できますが
ほんとに
セツナイ作品でした。

これはこれで
忘れられない時間になるのは
間違いなく…

別れは仕方がないけれど

でも
こんな最後の夜を過ごしたら
離れ難いと思ってしまうのではないかな…
と。

別れるのは
やめた

と、なるのではないかと
そんな気持ちになりました。


嫌いで別れる訳ではない
お互いのために
別々の道を…
というオトナの別れ

経験していないのですよね、私は。


私は
別れるときは
相手を「大嫌い」になってます。

とことん我慢するけれど
終わりと決めたら
サッと離れます。

相手の気持ちなどは
もうどうでもよくて…。

4年付き合った彼でもそうでした。

最後の夜
私は一緒には過ごしません…

それができるのなら
別れない かも…。

別れようと思った瞬間から
情がなくなるので
ほんとは
誰より冷たいのかもしれませんね…
(´△`)

ま、絢音ちゃん演じる朋子も
最後は握っていた手を離し

早朝出ていってしまう訳で

ま、心を決めた女は
そんな感じだよね
とは思いました。

振り返るのは今だけ

お互いで
ありがとうと言い合う
オトナの別れ

ステップアップできる
大きな経験になると思います。


荷造りの場面の
一徹くんの
なんともいえない表情

彼女を見つめ
こみ上げてくる感情に
突き動かされる感じ

2人の雰囲気

全てにおいて
さすがだなと思いました。

SILKでは
一徹くんと絢音ちゃんは
幸せいっぱいな作品ばかりで
それはそれで
感動して毎回泣いていましたが

今回は
せつなくて泣きました。

でも
新鮮ですね…

別れを決めた2人の
最後の時間

一徹くんと絢音ちゃんは
もちろんですが
脚本、演出
素晴らしかったです。


今年は
東くんも
グラビアで頑張ってますし

表紙の横山くんの
巻頭グラビアが
想像以上にsexyでしたね。

いやぁ
ほんと
an・an お買い得です。
*\(^o^)/*

by otpp | 2017-08-15 23:50 | イベント&メディア | Comments(2)
一徹温泉の告知があり

12時ちょうどに
ワクワクと開いてみたら

なんと
予想外の
クラウドファンディング
ฅ(๑⊙д⊙๑)ฅ!!

そして
翌朝の
一徹くんのツイート…

ま、諸々
想像するしかありませんが
なんとなく
事情はわかりました。

みんなが望んでくれているものを
形にするために
1度は断ったものの
一徹くんなりに頑張ろうと思ってくれて
決断したということでしたね。


そして
順調すぎるスピードで
ファンディングは成功

良かったね
めでたいね
…ということです。

そういうことで
終わりにしたいのです

…が、

これ…
「ファンの力で
一徹温泉part II 〜~!!」


という感じで
盛り上げて始めてくれたら

それこそ
祭りだワッショイ

力も入って
よし一口乗っちゃうぞ!



特典なんてなくても乗ったのにな…
と思っちゃいました

だって
一徹温泉 大好きですから。

終わってしまって残念で残念で
もっと遠いところにも
2人で出かけてほしかったなと
続編を期待していました。

なので
番組制作のためなら喜んで!
…と思うところですが

残念ながら
今回のクラウドファンディングは
そんな
大好きな楽しい番組のため
というよりも


特典ありきでしたね。


何のために…というのが
霞んでしまっていました。

番組づくりへの投資のはずなのに。

ま、そんなものはどうであれ
お金を集めるという目的は
見事に達成されて
それ自体は
めでたいことでしたが

でも…
一徹くんが「ボランティア」
と言ったこと

私は正直なところ
愕然としちゃいました…


それじゃあ
ほんとに
もうファンではなくて
パトロンだよね…
と思ったからです。

金額に応じて
ご奉仕させていただきます…
ということになりますよね、これ。

一徹くんの本意とは
ズレずれです。


ギャラはちゃんともらってください
という
リプをいくつも見ました。

その通りなのです。

みなさん
ファンですから。

パトロンではなく
ファンとして会いに行きたいし
ファンとして行くはずなのです。


お金を払って
それに見合う
「奉仕」をしてもらうというのは
ファンであれば
抵抗を感じるのではないでしょうか

ま、多分
そこまで深く考えてなかった
とは思いますが…

でも
これは
そういうことになっちゃってますし

だから
みんななんとなくフクザツで
楽しく参加できなくなっちゃったのではないでしょうか。

単純に
番組を作るのを応援できる形なら
良かったなと思います。


特典はイベント参加で
お見送りあり
とか

感謝の15秒ハグ
とか^^

1人から10万引き出した方が
お金が集まるのは早いですが
でも
あれだけの特典(という名の奉仕)
を一徹くんとツッキーが
しなくちゃいけないわけですし


もちろん
イベントは
楽しくやってくれるに違いありません

でも
とにかく
複雑なんですよね…

残念ながら
そういう風になっちゃったんです。


ボランティアであるなら
もう少し軽めの
トークイベント程度が妥当に思えますし

それでも
多くのファンが賛同し
投資をしたと思います。

運営側や一徹くんの
本意、真意がわかりづらい形になってしまって
私はそれがとても残念でした。

試みは
新しくて面白いものなのに…


先に広く意見を求めていたら
アイデアが集まったのではないかと思います。

ファンが望むことを形にするために
みんなで協力をする

本当にそう思えるものに
なったのではないでしょうか。


多くのファンが
迷わず
張り切って賛同できるように
ファンの気持ちを
汲み取っていただけたら
と思いました。


とはいえ
お金は目標額をはるかに超え
今も集まっているわけなので

一徹くんとツッキーは
あれだけの
たくさんの特典の奉仕をこなし
期待に応え
番組を作らなきゃならないわけです。

なんだか
単純に
わーいo(^o^)o新番組だ〜
…と 喜べないというか
よろこびづらいものになった、みたいな…。


Twitterを見て

あ~これは…
こうじゃないよ~〜〜
。゚(゚^ω^゚)゚。

…と思ったのは
私だけじゃなく

みんなも同じだと思いました。


だから
たくさんのリプがあり

同じような言葉が
数多く流れているわけですよね。

認めてくれている人も
一徹くんの本意を汲み取って
言葉にしてくれてる人も

そこを言葉にすることで
自分も納得しているのです、きっと。

もちろん
誤解から
一徹くんが責められないように
と必死になってくれている
というところも大きいですが。

そんな気持ちを感じながら
いくつものリプを読みました。

多かれ少なかれ
みんなフクザツな気持ちになっている
というのが現状かと思います。


とりあえず
次は
もう少し
うまくやってくれないかなぁ

…と
私は そこに期待しますし
投資します^^

ファンを楽しませたい…
と思ってくれたことを信じているので。

いろいろ
やってくれることは
いいことですし
ファンとして
ありがたいことですよね

今はただ
直接の批判がなるべく少なく済み
うまく事が進むように願うばかりです。

これからも
いろいろなことを経験し
いろいろなことを考え
ファン生活を楽しみたいと思います
(*^▽^*)
by otpp | 2017-07-02 04:10 | イベント&メディア | Comments(0)
阿佐ヶ谷での
有馬くん&翔太くん
初の2人のイベント
〜乱談〜Vol.1
行ってまいりました。

c0304922_09501278.jpg


ニコ生で二人の回を見て
いいなぁと思ったので

何も心配はしていませんでしたが


休憩がやたら長くて…(50分)
これに少々ダレてしまいました。

トイレタイムは
人数が多い時ほど長いわけで…

時間を決めて
何分からスタートします
とアナウンスした方がいいと思います。

結果
ラストはオーバーして…
急いで急いで~と巻きが入り

退場も急かされました…

で、
やはりニコ生のように
リンを鳴らす人が
必要かもしれないなぁ

なんて思いました^^


キーワードトーク
2枚の必要はなかったかも
しれませんね

内容的にも
例えば
「弁当」と「ケータリング」
って似てますし
撮影裏話に
全部入るような気もします^^

特化した話より

微笑ましいとか
くだらないこととか
この女優さん可愛くて~とか(笑)

裏話や
ちょっとした本音を
たくさん聞かせて欲しかったな
と思いました。


そんな中
印象に残ったのは
有馬くんのフェチ話

「好きな子の髪の毛 食べたことがある」

普通でしょ~
くらいに話した有馬くんですが

私は本気で
気持ち悪かったです(苦笑)

髪の毛の
においを嗅がれただけでも
キャー(艸;Д;il!)ーァァ!!!
と思ったので

食べた…とか
ほんと無理(苦笑)


なんというか…

髪へのこだわりは
嫉妬や束縛
固執…を連想するのですよね

ストーカーの行為に
あるようなものは
「愛」や「憧れ」よりも
「こわさ」を感じます。

なので
そういう部分を想像されて
引かれるのは間違いない(苦笑)

好きな子には
聞かせないほうがいい話だと思います^^


あとは…
今回は
有馬くんメインだったので

私は
似たような話を何度か聞いたことがあり
ちょっと新鮮味はありませんでした。

昔の話もいいものですが

今の話
仕事の裏話的なものや
プライベートのこと

ツイートした
料理やお酒の写真を集めて
語ってくれたり、とか

そんなのがあると
嬉しかったな と思いますし


翔太くんなら
ファッションのこととか
美術館や映画や舞台のこと

自分の日々の体験とか
思ったことを
リアルタイムで聞けると嬉しいですよね。


あとは
初めて〇〇しました。
みたいな
2人が一緒に
何かにトライするものとかも

個性が際立つので楽しいと思います。


今回は
前半で作品を振り返って
後半
キーワードトークでしたが

2人のイベントならではの
コーナーが
何かあったほうが
いいと思いました。

今は
1日体験ものが充実していますし
何か作ったり、体験したり
頑張る姿を見てみたい…
((( *´꒳`* )))ポワワーン


そして…
お見送りがなかったのは
なんとも残念でしたね

ハイタッチの一瞬でも
向き合える時間があるのは
ファンにとって
本当に嬉しいことですし

はるばる遠征してくる方々も
たくさんいたので
そんな時間を作って欲しいな
とも思いました。

~乱談~
これからも続くということなので
ぜひぜひ
検討していただきたいです
(*^-^*)
by otpp | 2017-02-19 07:31 | イベント&メディア | Comments(3)
c0304922_02172072.jpg

一徹くんとツッキーの
専属 ラストイベント

SPRING FES
そして伝説へ… 2017
~in新宿ロフトプラスワン~

に参加してきました。

c0304922_02172124.jpg


今回は
ロフトのイケメン兄さんから

「いつも 特別メニューが
早々になくなってしまうので
今日は
ささみとセロリは大量に仕入れ
注文にお応えできるよう
準備しております。
これで残ってしまうと
僕が叱られてしまいますので(笑)
たくさんのご注文を
どうぞよろしくお願いします」

という
気合いのアナウンスがありました
*\(^o^)/*

結構 私のまわりでは
オーダーしていましたが

最後に
「セロリがまだ残っていますので
オーダーよろしくお願いします」
と依頼がありました(笑)

こんなことは
はじめてでしたが

今日のために
配慮してくれたことが
とても嬉しかったですし

なんだか
親近感がわきました
(*^^*)


そして

セロリ…
ちゃんと捌けたのかな、と
今更ながら
気になっています(*^^*)( 笑 )


さて
イベントはというと

なんと
やついさんと今立さんが
ゲスト!

実は私…
イベントの内容(タイトルも)
ちゃんと確認をしてなかったので

今回のイベントの話題の時に
「エレ片ゲストだから
絶対楽しいよね〜」
と言われて
ゲストを知ったという有様で

それも
エントリーして
FCにはずれて
一般にまたエントリーして
…なんて やってるうちに

当日には
また すっかり忘れていたという…

ロフトに入る前に
うっすら思い出したのに

席についてから
あっ
そうだっ
お二人がゲストだっ!
と思い出すという次第
(´>∀<`)ゝ

もう
ツッキーなみに
頭の中の消しゴムが
稼働しておりました(笑)


そんな自分に呆れつつ
始まった
専属ラストイベントは

ちょっと しんみり…
かと思いきや

そんな予想は裏切られ

それはもう
見事に楽しかったです*\(^o^)/*


ツッキーと一徹くんは
いつも通りに登場し

一徹くんは
とても
可愛いセーター姿

おぉ~
可愛い〜
似合う~

でも…

襟ぐりから
なんか白いものが?!

ん?

下に着ている
シャツの襟かな?

…と思ったら

なんと
タグでした(*^^*)

慌てて
引きちぎるか
もしくは切ってもらうのか
と思ったら

なんと
そのまま背中に押し込む一徹くん(爆)

そんな一徹くんが
ものすごく
愛しかったです(笑)


そして
ご挨拶(おパンツ披露)

早々にゲストのお二人を迎え
乾杯

そして
ツッキーの
バスツアーのお話

牧野さんは

「月野さんは
皆さまを楽しませようと
一生懸命考えて
相談してきたり…」

モノマネ付きで(笑)


一徹くんは
ツッキーの頑張りを褒め称え
自分もおおいに刺激を受けてます
と言っていましたね。

ま、だからといって
僕もなにか…というような話は
なかったわけですが(笑)

一徹くんは
具体的なことは
話してくれませんでしたが

メールボックスも
Twitterも残す
というのは 決まったようです。


そして
年末のエレ片のイベントの話では
今立さんの結婚式ネタ

「嫁がツッキーに
お姫様抱っこしてもらったんですけどね

今まで
あんなイケメンに
抱かれたことはない!
と言ってましたよ、何度もね
あんなイケメンに…って

だから言いましたよ
あ~バカだけどねぇ~ と」(爆)


とにかく
終始
やついさんと今立さんの
ツッキーへの
激しいツッコミと
いろんなお話しに大笑いつつ

前半は
一徹くんとツッキーの
SILKでの日々を
振り返る、という内容でした。

これが
写真をみながら
思い出話をし続ける
という感じだったら
泣けたかも知れません…

でも
やついさんと今立さんが

「フリーって
あれでしょ
アナウンサーみたいな
ねぇ?」

「すごいですよねぇ〜」

なんてことを
話してくれたり

一徹くんも

ま、引退じゃないのでね(*^^*)

初めに言ってくれたので
湿っぽくなることはなく

それぞれの出会いの話や
裏話も織り交ぜつつ

宣材写真の遍歴や
ジャケット写真や
ロケの写真で
お蔵入りとなった写真を
いろいろ見せてくれたり

お仕事を振り返ったり

ま、でも
一番盛り上がったというか

やついさんと今立さんが
衝撃を受けていたのは
大学生時代の
あの一徹くんのお写真ですよね(笑)

世の男性に勇気を与えると
絶賛されました(笑)

有吉ジャパンで
お蔵入りとなった写真を
残念だったね〜と見ていたのに

そりゃ
この写真があれば
あれはお蔵入りになるわ~
いやぁ
すごいなぁほんと
人ってこんなに
変われるものなんですね
と(笑)

牧野さんから
整形疑惑のネタが振られたり
(もちろん否定(笑))

そんなこんなで
ほんと
楽しかったのですが

そんな中
私が印象に残ったのは

牧野さんのぶっちゃけ話


ツッキーは
ファインダーで
あまりにも
セリフが棒読みだったため

ちょっと
もう…なぁ…
と正直 そんな風に思ったらしく

で、次作では違う男優さんが
決まっていたのにすっぽかされ

急遽ツッキーに電話をしたら
引き受けてくれて

その恩があるので次に繋がって

…という

その話は
結構 衝撃的でした。

ツッキー
もしかしたら
専属はなかったかも、という
そんな話ですからね
(∩・∀・)∩

でも
ファインダーの頃のツッキーは
それはもう
ものすごい イ ケ メ ン!
(もちろん今も宇宙一のイケメンですが)

芝居力の不安なんか
吹き飛んでしまうような
美しい青年でしたよね。


そして
牧野さんの思う
それぞれのベスト作品は

一徹くんは
スイートトラブルハウス

ツッキーは
午前0時のegoist

だそうです。

牧野さんのお話しを聞いて
もう1度観てみようと思いました。


私の中では…
牧野さんには申し訳ないですが

ワーキング+
ですね

One´s Daily Life 2
と迷うところもありますが

一徹くんのあのビジュアルと
からみのときに伝わる本気度と
色っぽさ

私のベストは
やはり これです。


ツッキーは
egoistも良かったですが

One´s Daily Lifeか
filled with you

が好きですね(*^^*)


休憩後はいつものように
写真撮影と抽選会
c0304922_02172304.jpg

c0304922_02172621.jpg

c0304922_02172874.jpg


あっ、今回は
「行ってみ帯人」がありました!

2011年のインドの旅でしたね。
今回は
ツッキーの撮った写真で
ちゃんと紹介してくれました(*^^*)

私が今までに見た中では
一番入力ミスが少なくて
写真も自分のもので

説明は駆け足気味で
やついさんと今立さんには
ツッコまれてましたが

よく
まとまっていたと思います

…なんていうと

ほんとに?!
ほんとにコレでいいの?!
…と
今立さんに
ツッコまれそうですが(笑)


いいのです。
ツッキーは 特別ですから(*^-^*)


そんなこんなで

あらためて
専属時代を振り返ると

素敵な作品も増えていて
イベントもたくさんありました。

私は神イベだった
伝説のファンミには
どれも当たりませんでしたが

でも
なんと
楽しいファン生活だったことかと
改めてそう思います。

いい時に
一徹くんに出会えたなぁ…と。

たくさんの幸せに感謝しつつ
これからも変わらぬ気持ちで
応援していきたいと思います。


最後のハイタッチ

万感の思いを込めて
一徹くんに伝えた言葉は

「またね」

です。

また
会えますように…
の思いを込めて。

一徹くんは
一呼吸置いて
ゆっくりと頷き

「またね」
と言ってくれました。


また会えるのを楽しみに
頑張ろうと思います。

by otpp | 2017-01-29 15:55 | イベント&メディア | Comments(4)

専属卒業

一徹くんとツッキーが
一月いっぱいで
SILK LABOの専属を終え
卒業すると発表がありました。

牧野さんから
コメントも出ましたね。


一月…

一徹くんがchの専属となり
その期限が一月までというのを見た時
ちらっと考えたりしたのです。

なんでかな?と思って。


今回の発表で
あぁこういうことか…と納得しました。


2人が専属となったのは
一徹くんが8月で
ツッキーは12月だったと思います。

でも
2人とも
一月で卒業ということは

会社側からか
一徹くんとツッキーからかはわかりませんが

前もって申し入れをして
話し合った結果
一月ということが
決まったのだと思いますし

そこには
なんらかの事情が見て取れるわけですが

私たちに
そんな事情はわかるはずもなく

発表には
動揺する人がとても多かったと思います。


私も
通知からTwitterを開き
ブログに飛ぶときには
もうすでに不安でした…

予感めいたものがありますよね

一徹くんがブログを書くというのは
今はもう
特別な時しかありませんから…。


読み進めなから思ったのは

あぁこれは
…来たかな

うん
来た…ね

…そうか
そうなんだ…

でした。


ガ━━(゚ω゚;)━━ン!
ではなく

あ、この日が来たんだなと
静かにそう思いました。


「引退はしないつもりです」

この言葉で
少しホッとしつつも


引退はしない「つもり」です

「しばらく休む…」というところで

しばらく会えなくなる…
というのを確信し
なんとも言えない
不安とさびしさを感じました…


でも…
一徹くんのファンとなり
いろいろ知って
イベントに行くようになったときから ずっと

みんなそうだと思いますが
いつも
覚悟はしていました…

だからこそ
会えるうちに
会いに行かなければと

不安と焦燥感に追い立てられるようなところが
あったような気がします。

専属だからこそ
月に2度の
定期イベントがあり
ファンクラブもあり
いろんな情報も知ることが出来る

それがわかっていたからこそ
祈るような気持ちで
熱く応援していたのですよね。

そして
どんどんファンが増え
人気が出たからこそ
出版も続き
イベントも開催され
メディアへの露出も増えたわけです。

祭りだと
一徹くんは言っていましたが
多分
こわいくらいの変化だったことでしょう。

ファンは
必死に着いていくだけでしたが

一徹くん本人は
期待されることも多く
本当に大変だったと思います。

将来については
不安で仕方ないと言っていましたし

40までは現役でいたいという
具体的な数字を見た時から
覚悟は強まっていました。

だからこそ
何よりも優先して
会えるうちに会おうとしてきましたし
そのために無理もたくさんしました。

なので
あぁ 来たんだなと
意外に冷静に
受け止められましたが

それでも
あと2年は大丈夫だろうと思っていて

専属に関しては
多分 引退するまで続くだろう
とも思っていたわけで
卒業には
私も少なからず動揺したのです…

とりあえず
1日経った今思うことは

一月の終わりに
一徹くんは何を言うのかな
一月のイベントはどうなるのかな

もしかしたら
何も変わらなかったりして…^^

不思議と楽観的なのは
まだ
実感がないからかもしれません。


2月から
フリーなのか
それとも他の事務所に行くのか

ということは
有馬くんや翔太くんと
同じ感じになるだけなのか

いや
そもそも一徹くんは
今の仕事を
続けていくつもりなのだろうか…


わからないことだらけですが

でも
追ってブログをあげてくれたツッキーは
一徹くんよりは
少し前向きな雰囲気で
具体的でもあり

SILKの仕事は受けるつもりだし
仕事の自由度が増すだろうというような
そんな感じでしたね。

読みながら
ツッキーの方が
幾分ショックが少ない書き方…
なんて思いつつ


あらためて
2人とも卒業か…と思うと

まさに
走馬灯のように…ですよね

今までのあれこれを
一瞬で思い出しました…


私は
一徹くんが業界初の専属男優となり

検索ワードにあがったのを検索したのが
ファンになったきっかけなのです。

ヒットした画像を見て
即堕ちました^^

まさかの
フォーリンラブ

この出会いに心から感謝しましたが

しかし
向井理くん表紙のan・anが
ブレイクきっかけと知ったときは

マジで?と
驚きました。

向井くんのファンだった私は
そのan・an持っていましたし
当然付録も観ていたはず

…が
そのときは
向井くんしか見えてなかったので
全然
まったく響くことはなく

付録はおろか
特集そのものも忘れ去っていたのです…


憶えていたのは
向井理の表紙とグラビアのみ(笑)


一徹くんを好きになるほどに
それを嵐のように悔やんだりもしました。

そのときに
好きになっていたら…

そしたら
専属前からずっと追いかけられたのに

…と。

でも
何事にも
タイミングというのかあるんですよね。

私は
一徹くんが専属にならなければ
一徹くんを知ることはなく

ファンとして応援することも
多分なかったわけで

なので
専属となってくれたということに
本当に感謝しているのです。

そのおかげで今がある

本当にそう思っていますし

だからこそ
SILK LABOに感謝し
熱く応援し
イベントに出演するようになった
大賀くん、有馬くん、翔太くん、東くん
みんな応援してきました。

これからも
SILK LABOが在り続ける限り
応援して行きたいと思っているので

素晴らしい作品を生み出して
心をつかんでいてほしいと思います。


ファンとして
どんな選択も、変わり行くことも

全部全部
必死に受け入れて
着いていく覚悟をしているということが

どうか伝わりますように…
by otpp | 2016-11-23 01:50 | イベント&メディア | Comments(15)
2016年11月12日

新作DVD発売記念イベント
サイン&握手会に行ってまいりました。

渋谷のTSUTAYAは
ツッキーも思い出深いと言っていましたが

私も二年前
初めて
silk作品をレンタルしたお店なので
とても印象深く

多分この先も忘れることがない
思い出のお店です。


渋谷TSUTAYAは
外観が白くてオシャレですよね。

普通の店舗は
青と黄色のカードそのままのイメージで
とても目立ちますか

渋谷TSUTAYAは白いせいで
青と黄色のイメージでいると
ちょっと見つけにくいかもしれません。

JRハチ公口から出るとすぐの
角の大型店です。


イベントは
DVDを電話予約して
イベントの前々日
発売日から整理券を配布。

ちょうどその日から
一徹くん
有馬くん
翔太くん
とChの
麻生くん
浅井くん
前田くん
がモデルとなった
野村佐紀子さんの写真展があり

多分
その写真展に行く人は
整理券の引換えににも行くだろう…
と思われ

そうすると
どのくらいの時間になるのか
予想が難しい中

DVDの発売日翌日
写真展後にSちゃんが
引換えに行ってくれました。

すると
そのときすでに
15時00分からとなっていて

私たちにとっては
バッチリの時間帯でありがたかったですが

でも
遠方から当日来て引換える方々は
間違いなく夕方から夜になるわけで
大変だろうな…と思いました。


ま、今回は写真展があったので
先に引換える人が多かったですが

もし次回
こういう機会があれば
やはり当日引換の人が多いですよね。


イベントは
とてもスムーズでした。

集合時間にTSUTAYAの2階に行くと
非常口から番号を呼ばれ
番号順に階段と踊り場にぐるっと並んで
順番を待ちます。

下の階の入口すぐのところが
パーテーションで仕切られていて
その中で
ツッキーと一徹くんが
長机に並んで座っていて

ツッキーと一徹くんの前に
スライドしながら
サインをもらって握手をしていきますが

後ろにスタッフさんがいて
ストップウォッチでカウントしています。

15秒くらいでしょうか
ちょっとオーバーしても
20秒に収めよう
という感じだと思います。

全員参加でサインをもらうとなれは
これはもう
この形しかないですよね。

私はツッキーには
DVDジャケにサインをもらいました。

キキ「こんにちは。おつかれさまです」

ツッキー「いつもありがとうございます」

キキ「ここにサインをお願いします」

ツッキー 〜サインカキカキ~
そして握手

キキ「ツッキー手あたたかいね」
と言うと
なぜか照れたような笑顔で

ツッキー「そうですか?(*’-’*)エヘヘ」
と再握手してくれました。


そして一徹くん

一徹くん「おぉ~こんにちは」

キキ「こんにちは(*^^*)
今日は これにお願いします」

とスマホを出すと
一徹くん「えっ?!いいの?!」
と。

キキ「うん」

ところが
私のNEWスマホ
あまりに表面がツルツルすぎて
油性なのに はじきまくり(苦笑)

まさかの事態に
アタフタして

キキ「じゃここに」
とDVDジャケにもサインをもらい

バタバタで握手をしたのですが

一徹くん「いつも本当にありがとうね」

最後にちゃんと顔をみて言ってくれました。

2度もサインをさせてしまって
申し訳なくて動揺していましたが

そういう
一徹くんらしい優しさに
癒されました。

短い時間ではありますが
一瞬でも向き合ってもらえるのは
なんと幸せことかと
あらためて
ありがたさを噛み締めるような
そんなイベントでした。

全員参加のイベントを
今年は何度もやってくれましたね。
本当に感謝しています。



そして
イベント後
Sちゃんの誕生日会が決まっていた私たち

しかし
予約の時間まで一時間あったので
二組にわかれ

一組は買い物へ

そしてもう一組は
タクシーを拾って
4人で野村佐紀子さんの写真展へ行きました。

写真展は
予想通りとても盛況で
1階から2階へ
そして2階から1階へと
見て歩きましたが

入場のところに浅井くん
2階には麻生くんと前田くんがいて

翔太くん いないなぁと思ったら

1階に戻ると
お見送りで翔太くんがいました。


帰るときに話しかけると
気さくにたくさんお話してくれて
帰りもずっと見送ってくれて
本当にイイコだなぁと(*^^*)

とてもオシャレで
垢抜けた翔太くん

小柄なところすら魅力的で
それも武器にしちゃってますね
人気者になるのも納得です。

↑という話を
帰りのタクシーで
喋りまくりながら
楽しく
誕生日会のお店に向かうことができ

バタバタながら
写真展にも行くことが出来て
本当に良かったです。
(*^-^*)


肝心なお写真ですが

とても素敵で

野村佐紀子さんらしいな
という気がしました。

モデルは優しげな顔立ちの
美青年たちばかりですが

それはきっと
野村さんの好みでもあるのでしょう

そして
いつもの
憂いの表情

私はcaramelや
恋セラの一徹くんが大好きです。

パァーっと笑顔のお写真も
元気が出て素敵ですが

でも
野村さんのお写真は
やはりこの表情

これは
元々 哀感をもつ
有馬くんや浅井くんにとてもハマっていて

私は
2人の写真が特に印象に残りました。


裸で
冷たそうな車だとか
地べたでの撮影は
辛かっただろうなと思いながら
全ての作品を見ましたが

時間とお金に余裕があれば
作品写真のポラロイドも欲しかったし
みんなとのポラも撮ってみたかったです。
(´;ω;`)

でも
とても貴重な機会となりました。

感謝(*´ω`人)感謝
by otpp | 2016-11-19 15:41 | イベント&メディア | Comments(2)

EROMEN SHOWCASE Vol.13

遅くなりました~

もう内容については
細かくは書けませんが

2016年10月22日
SHOWCASE13に
行ってまいりまいりました。

c0304922_20013197.jpg


SHOWCASEも
13

というわけで
感慨深かったりしますが

今回は
続けてイベントに
参加できたということに
感無量

号(┳◇┳)泣

しかも
今回FC席ということで
大変ありがたく

貴重な機会を
楽しんでまいりました。

ハズレ続きに
腐ってた日々も
これで
もう帳消しです(笑)


さて
SHOWCASE

今回は
ハロウィンということで

牧野さんは
オレンジのカボチャの
被り物をかぶって登場。

そして
有馬くんが
可愛い囚人

ツッキーが
ピエロ
(と、自分で言ってました)

一徹くんが
トランプマン


ツッキーは
ズレ落ちてくる帽子を
しょっちゅう直しながらで

なんとかならないの?
と思いましたが

休憩後も変わらず(苦笑)

私なら
なんとかするのになぁ
と思いながら見ていましたが

そんな状態なのに
とにかく
帽子をずっとかぶり続けてくれたことに
感謝感激

ツッキー
ほんとイイコだな
(*´`*)


そして今回は
いつもと趣向が違っていました。

イベントスタート前
12時30分くらいに

牧野さん登場

「今日はファン参加型イベントなので
参加したい方は
今日のイベントの当選番号(入場順)を
紙に書いて抽選箱へ入れてください」

と案内がありました。


抽選箱の前は
長蛇の列

みんな
やる気満々~( ๑・ิՕ・ิ๑)و グッ!



イベントは
一徹くん
ツッキー
有馬くん
それぞれが3人のファンを選び

ゲーム対決

最初は
お絵描き伝言ゲーム

お題の絵を描いて
その絵を見て次の人も描いて
それを見てまた次の人も描いて…
ラストの人が
お題が何だったのかを
答えるというものです。

以前やったことがありましたが
一徹くんは
キティの耳を丸く描いて
クマって言われたなぁ

なんてことを思い出し
うーん
微妙かも…と(笑)


お題は
魔女(ツッキーチーム)
フランケンシュタイン(一徹くんチーム)
など
ハロウィンっぽいもの

そして
ピカチュウ(有馬くんチーム)
のようなメジャーキャラ

これはラッキー問題と思いきや


有馬くん
ピカチュウにヒゲ描いてました(爆)

ヤバイ…
これ
なにか違う生き物になるのでは?
と心配しましたが

有馬くん愛に溢れるファンの方々
しっかり当ててくれました^^


傍目には簡単に思えますが
やってみると
意外にどう描いたら良いのかが
わからなくなるのかもしれませんね
(*^^*)


そして
もう一つのゲームは
トイレットペーパーを
巻き付けて
ミイラ男にしちゃうゲーム

正式には
マミーラップゲームというのですね。

一徹くん
ツッキー
有馬くんに

ファンが二人ずつで
ペーパーを巻き付けます。

1人は巻いて
1人はペーパーが破れたら
テープで補修する係となり

ヨーイドン!


優勝は
有馬くんでした。

有馬くんは
本人がくるくると回って
とても早くてキレイな仕上がり。

多分
囚人衣装も柔らかく かさばらず
有馬くん自体がホッソリとしていて
凹凸の少ない身体というのが
良かったんでしょうね。


一徹くんチームは
ロールの向きを逆にするべきだったかな
と思いましたが
なかなかの仕上がり


ツッキーは
なんと
ペーパーが足りませんでした(笑)

大きなツッキーは
肩あたりでペーパー終了^^

でも
優しいツッキー

「どちらにしても
ボクは汗だくなので
顔に巻いてもペーパーが溶けます」

と言ってました(´^ω^`)


ツッキーは
お絵描きゲームでも
とても優しくて

最後のコが
当てられなかったんですが

イラっとすることなく
(ともすると そうなりそうな展開でしたが)

いいよいいよと
気にしないでね
という感じで見送ってあげて

参加者へは
飴を一掴みプレゼントしたのですが

これも
豪快すぎて全員に回らなくなる
という(笑)

もう
何から何までツッキーらしく
ほんと
優しいんですよね ツッキーは(*^-^*)


そして休憩後の
写真撮影について

この衣装のままか
着替えた方がいいか

会場に問う牧野さん


拍手は
衣装のままが多く(私もそうでした)

可愛い衣装での撮影会となりました。


有馬くん
c0304922_18092847.jpg

囚人服姿 可愛かったです


ツッキー
c0304922_18093042.jpg

今回は
可愛い表情いっぱいでした。


一徹くん
c0304922_18093235.jpg

可愛かった~(*''-''*)ポッ


3人
c0304922_18093347.jpg



ツッキーの
可愛い帽子
c0304922_18093537.jpg


一徹くんとツッキー
仲良し ごっつんこ
c0304922_18093719.jpg



とにかく
お帽子姿が
可愛かったです♥
c0304922_18093864.jpg



アカシックの終電のMVで
白い帽子姿に萌えまくった私ですが

今回の
ちょこんと乗った帽子もまた
可愛いなんてもんじゃなく

キュンキュン
させてもらいました。

一徹くんの帽子姿大好きです♡
メガネもいいけど
帽子も可愛い(*^-^*)


さて
ラストは
いつも通り抽選

なんと
ボツチェキのプレゼントと
最後のハグ

お仲間が当てて
ビックリฅ(*°ㅁ°*ฅ)

ツッキーも
一徹さんで2つ当たるって
すごい事ですよ〜!と
言ってました

やったねヾ(*'ω'*)ノ゙


いつか私も

当たって
(*/ω\*)キャー!!
とか叫んでみたいものだと思いつつ

4年目(笑)

あと100回くらい参加しないと
当たることもないかなぁ(爆)


とりあえず
ハグイベントの順番を
お利口に待っていようと思います(*^^*)


そして
お見送りは


有馬くん

キキ「お久しぶり~会いたかった~」

有馬くん「おぉ~久しぶり~(*^^*)」

ギュッと
ハイタッチの手を握ってくれました。

すごーい!

塩と言われる有馬くんです(笑)
私も そのように言ったことがありますが(笑)

でも
ギュッでしたよ
初ヽ(^ω^)ノ

ほら
こんなことで
こんなに喜びます!(笑)

また会えた時は
優しくしてね(*^-^*)b


そして
ツッキー

キキ「ありがとう~」

ツッキー「ありがとうございます〜」


一徹くん
キキ「ありがとう。すごい楽しかった~」

一徹くん「ほんと?! 良かった~(*^^*)」


今回は
巻き巻きで
ほんとに会話は無理でしたが

それでも
この一瞬は
とても幸せです。

感謝(*´ω`人)感謝


と、いうわけで
11月は
TSUTAYAの
DVD発売イベントと
ハグイベントですね。


そして
野村佐紀子さんの写真展

一徹くんの写真集
「光源」も発売されるとのこと


楽しみです
ヽ(^ω^)ノ

by otpp | 2016-11-04 17:33 | イベント&メディア | Comments(10)

AUTUMN FES ~2016〜

c0304922_10555396.jpg


AUTUMN FESに
参加してまいりました。


しかし
AUTUMN FES 〜2016~
というタイトルだったことを

なんと
書く段階で知りました
(´>∀<`)ゝ

てっきり
showcase
と思い込んでましたが

再来週
22日が
showcaseでしたね。


イベントのタイトルって

何やら英語だな〜
というくらいで

あまり見てないんだな

あらためて気づきつつ
(すみません)


とりあえず
今回のイベントも
めちゃめちゃ
楽しかったです。

まずは

REXYの舞台
「燃えるなよ剣」のお話

翔太くんが主演ですが

ポスターでは
センターにはいますが
極小

c0304922_15442176.jpg


翔太くん「この扱われ方…
もっと頑張らなくてはいけませんね(笑)」

そして
牧野さんから
「今日は
Nプロデューサーが
燃えるなよ剣のチケットを
手売りに来ていますので
よろしくお願いします」
とアナウンスがありました。


次に
一徹温泉の実況時のことと
撮影のときのお話でしたね

ツッキーが
放送間近の1時半になってから
番組が映らない
という
まさかの事態に

一徹くんがツッキーを
迎えに行ったという話

途中まで歩いたことを
アピールするツッキー
(*^^*)

そして
ツッキーの付けた
ハッシュタグが
微妙に違ってた
こと

ずっと
「一徹さん」のはずが
「一徹温泉」さん
と書かれていたこと。

これ
ツッキーは
「番組の宣伝になると思って
敢えてそうしていたんですよ」

と言い訳するも

牧野さんに
「いや、予測変換で出るのを
直すのがめんどくかさかっただけ
だと思いますねぇ」

と否定され(笑)


撮影のときは
下ネタばかりで
たくさん
カットされてしまったことなどを

牧野さんと一徹くんが
お話ししてくれていたのですが


一徹くんが
「ほんとにツッキーもね
楽しみにしてたんですよ
始まる前に
メールをくれたりもして。

それがね
一徹さんのおかげで
旅番組に出る夢が叶いました。
ありがとうございます
…なんて言ってくれて…」


ツッキー「いや ほんと
一徹さんのおかげですから」


一徹くん「いやいや
きっかけは僕でも
(プロデューサーが)使おうと思ってくれたのは
ツッキーの人柄だから」

という
この話のときは
ちょっとジーンとして

ツッキーのメールのくだりは
泣きそうになりました
(´;Д;`)


一徹くんとツッキーの
仲良しっぷりは

ツッキー「一徹さんちの子犬に
吠えられましたからね(笑)」

という話からも
わかるのですが

それがまた
ファンとしては
嬉しいんですよね。


仲良きことは
美しきかな…
(*˘︶˘*).:*♡


そして
今回のイベントで
フューチャーされたのは

カメラマンとしての
翔太くん!

被写体は
一徹&ツッキー

先週
新宿中央公園で
二人を撮影してきたとのことで

そのお写真を
スクリーンで見せてくれました。

翔太くんは
「普段 仕事では見せないような
外(公園)で
素の雰囲気を撮りたいと思いました」
と。


全体的に男っぽく
笑顔ではなく
目線もはずしたものが多かったです。


まずはツッキー

なんか
怒ってる?
…的な表情に

ツッキー「これはですね…
北野が遅刻をしたので
まだ 怒ってるんです」

〜(笑)~


一徹くんも
遅刻したらしいのですが

その話は後ほど^^
…と牧野さん。


しかし
その後も

穏やかな表情の写真に

〜これは
昼ごはんをおごる
と言われたので

とか

〜ジュースを買ってもらって
少し機嫌が
良くなったところですよ


チクリチクリと
翔太くんの
遅刻を責めるツッキー(笑)


ジュースの件は

翔太くん「昼ごはんと言いましたけど
とりあえずジュースをと思って」

牧野さん「そうなんですよ。
ドデカミンをね(笑)」

ツッキー「でもジュースは
ほんとは
Monsterに手が伸びたんですよ
でも遠慮して
ドデカミンにしたんですよ」
(モンスターは200円超)

翔太くん「Monsterにしてもらって
良かったですよっ
そんな何10円くらいっ
なんならケースでも良かったっ」

〜(笑)~


とにかく みんな
よく喋ってくれました(笑)

写真って
その時のことを
リアルに思い出せるので

あーだこーだ話すというのは
やはり
盛り上がるんですね


そして
一徹くん

花越しの1枚は
半分くらい
顔が隠れていて…

「斬新だなあ〜」
と(笑)

一徹くん「お鼻の上に
花がかかってるのはシャレ?(笑)」

翔太くん「はい そうですね 狙って…
すみません 偶然です(笑)」


そして
動画が少しあり


一徹くんの
例の猫Tシャツでの撮影場面

一徹くん「ダサいと言われるんだけど
これを着て
北野くんの腕で
カッコよく撮ってほしい」

しかし翔太くん
見た瞬間
「ダサっ」
と言いました(笑)

しかも
説明するときには
一徹さんが
「部屋着のTシャツ」を

と。


一徹くんは
このTシャツを
「お出かけ」に着ています^^

その後の
みんなでランチの写真でも
このTシャツでした(*^▽^*)

すると
翔太くん「一徹さんは
このシャツのまま」(^ω^;)
と ボソッと言ったのが
わたし的にはツボでした(爆)


猫T撮影は
大きなオブジェに寝そべって
ちょっとセクシー系な
素敵な表情
(。 ー`ωー´) キラン☆

上裸ならグラビアですが

しかし
~猫T〜

まったく表情と合わず

そのギャップに
感動。+.゚.( °∀°)゚+.゚。

いえ
~(大笑)〜


一徹くん「カッコよく!のはずが
なんで?」

翔太くん「いや
ちゃんとシャツの皺を伸ばして
猫たちの表情が見えるように
ちゃんと撮りましたよっ」

~(笑)〜


シュールで可愛い
猫Tシャツ

カッコよくはないですが
私は好きですよ
猫好きですしねฅ(=・ω・=)ฅ

黒猫ならなお良かったなと^^


でも これで
猫グッズ(猫Tシャツ)を
プレゼントされることが増えそうな予感…w

犬好きなはずなのに
猫グッズに
囲まれるかもしれませんね(笑)


休憩後は
いつも通り写真撮影

c0304922_15442298.jpg

c0304922_10555740.jpg

c0304922_15442414.jpg

c0304922_10560325.jpg


そして

なんと
「裁判」がはじまりました。

原告 ツッキー
被告 翔太くんと一徹くん

罪状は

遅刻

(ヽ´ω`)トホホ・・
ですけどね。

もう
何回聞いたことか…

ネタとして
どうなのかと
思わないこともないですが

でも
やらかした二人を

五分前に
現場入りしたツッキーが
叱るのはアリですね。
( ゚ー゚)ウ ( 。_。)ン

翔太くんが
遅刻した時間を「五分ですよね?」
と言うと

ツッキーと牧野さんに
「15分ですよ!」と
ピシャリと咎められ


遅刻については

寝坊して
タクシーで駆けつけたのだけど
道が混んでいたから

と釈明。


しかし
ツッキーは
「渋滞していても
間に合う時間に出なきゃダメなんですよ。
僕はそうしてますからね」


超正論

そうです。確かに。


ま、でも
その前に「寝坊」ですよね(笑)

時間を読み違えた以前の問題です。


そして
もう一つの言い訳

「一徹さんを尊敬しすぎて
遅刻グセまで学んでしまった」

これには
何故か
「あぁ~なるほどね
一徹さんを尊敬するあまりね うん」


なんとなく
理解を示しそうなツッキー(笑)

でも
翔太くんは

次は30分前に入り
コーヒーをいれて
待つという約束をしました。
(´・ω・)っ旦


翔太くんには
当たり前でしょ
と容赦のないツッキーですが
(気づけば「北野」と呼び捨てでした)

でも
一徹くんには甘いんです^^

このとき
一徹くんは翔太くんより
さらに遅く
30分の遅刻だったそうで
会場は「えーっ」
というブーイングでしたが

ツッキーは
「一徹さんは
11時ちょっと過ぎるはずが
(11時に駅に着くとの連絡)
11時ちょうどに
公園に到着したので良かったです!」


最初から大甘(笑)


そして
一徹くんの釈明は

「前日仕事が終わるのが遅くて…」
…に始まり

いつもは
カラスの行水の自分だけと

ツッキーに会うので
ちゃんとお風呂にはいったら
さらに遅くなり

で、服選びをしていて

ツッキー
シンプルなものが好きだから
と思ったけど
自分は柄物が多いから
どうしようかなと迷い


悩みつつも
ようやく寝たら
ツッキーが夢に出てきて

服に悩んでいると
おまえは何を着ても似合うよと
言ってくれて
嬉しくて寝坊した

…と。


ツッキーに
ツッキーのために
ツッキーの夢をみた

ツッキー連呼 (爆)


そしてツッキー
「わかりましたっ」
「許しますっ」


~爆笑~


ツッキー
ちょろすぎ(笑)

思うつぼすぎ(笑)


そして
ダメ押しの
「一徹さんはいいんです!
先輩だから!」(激甘)

すると一徹くん
申し訳なさげに
「いやいや 関係ないよ」
ブン(( ´・ω・` 三 ´・ω・`))ブン

謙虚な姿勢で言うわけですが


でも…
絶対また やるよね?
(^ω^;)

と思っているのは
私だけではないはず(笑)


とりあえず
翔太くんは
ツッキーを見習おうよ

…と思う私でありました(笑)



遅刻…

前から思っていましたが
一徹くんみたいな
腰の低い感じで
気を遣うタイプの人が
遅刻ぐせがあるのは意外ですよね。

謝ることが
苦にならないからかなぁ…
なんて思ったりします。

ま、
ツッキーの言う通りで
何かあっても大丈夫なくらい
余裕を持って
家を出なきゃいけませんよね
特に仕事は…

でも…まぁ
一徹くんの仕事は
一徹くんしかできなくて

そういう意味での強みというか
余裕?

絶対迷惑をかけられないところではなく
まぁ大丈夫なところで度々
というのは

許されることへの
甘えかなぁ やっぱり

…なんて言うと
一徹くんが
すごく嫌なヤツっぽくなりますが

そういう印象になっちゃうよ
ということは
知ってほしい気がしますし


個人的には

遅刻して…
という話を聞くと

毎回ほんの少し
「キライ」になります。

そして
遅刻をしない
ツッキーや有馬くんが
やたらと
良い子に感じます。


とはいえ
愛されるというのは
=許されること

まさに
一徹くんは
愛されているのです

そして
一徹くんは
その愛に甘える
…(^ω^;)


そんな
愛あふれる

AUTUMN FES〜2016~

でも
趣向が変わって
イベントそのものは
とても楽しくなったな~
と思います。

これからも
順番にプロデュースしたり
得意なことを披露したり
何かに挑戦したりして
楽しませてくれると思うと

参加したいという気持ちが
一層強まりますし
期待値もあがりますね

また会えるように
日々頑張ろうと思います。


お見送りは

まずは翔太くん

キキ「お疲れ様でした」
翔太くん「ありがとうございました」
キキ「舞台行くので頑張ってね」
翔太くん「はい!ありがとうございます」


そしてツッキー

キキ「舞台行きますね」
ツッキー「そうですか〜ありがとうございます」


キキ「つづけて会えて嬉しいよ」
一徹くん「 ( ˘ᴗ˘ )ウン ありがとう」


そして
翔太くんの撮った
二人のお写真を
牧野さんから受け取り

ロフトを後にしました。


今回は
プレゼント付き
感謝感激。゚(゚^ω^゚)゚。


またまた印象に残る
楽しいイベントとなりました。
(*^^*)

by otpp | 2016-10-09 03:23 | イベント&メディア | Comments(0)

一徹フィルム 握手会

2016年9月24日

一徹フィルム
サイン入りブロマイドお渡し
& 握手会


というわけで

7月の
一徹&ツッキー
処方箋のイベントに続き

9月の
一徹フィルムイベ
参加してまいりました。


今回も
受付時間は細かく分けられ
50人ずつ会場に入り

入ったら
番号札を引きます。

白い番号札は
裏返していますが

透けているので
何番かわかります^^

私は
パッと見て
迷わず3番を引きました。

ここまできたら
早く終わらせたい
と思ったからです^^


目黒のホリプロの会場は
前回同様に仕切られていて

みんなが待ってる所では
一徹フィルムが流れていました。

私が入ったときは
白鳥さんの回で

これ 弾けてたなぁ…
と懐かしく観ていました。


購入者全員参加のイベントは
3度目になりますが

前々から日程がわかるので
予定が組みやすく
みんなで行けるというのが
本当にありがたいですよね。

こういう風に
直接会ってお話出来て
握手もできて…
と、いうイベントは

やはり
とても貴重なもの…


あれやこれやと考えると

忙しかろうが
お財布がさびしかろうが
どうにかして参加したいと思います

きっと今回も
何セットも買って
何度も並んで会いに行った方が
いらっしゃることでしょうね

私は…
一球入魂です(笑)

1回に懸けます
いや 賭けます、ですかね

もちろん
自分自身は
一生懸命なんです。

滅多にない機会ですから
必死に緊張を振り払い
気合いをいれまくって
⊂('ω'⊂ )))Σ≡GO!!

しかし…
上手くいくかどうかは
まさに賭け
なんですよね。

前回と
全く同じ会話をして終わったり

言おうと思ったことが
全く言えなかったり

どんだけ
回数を重ねても
いや
重ねたからこそ
後悔も多いというか。


ま、でも
それが
それこそが
一徹くんとの時間で

それこそが醍醐味なんだと
今はそう思えるくらいに
ファンとして
熟れてきたような気がします。

4年ですから
もう 余裕っすよ
( ´ー`)y-~~~


………というのは ウソ です(泣)


そうなんです

今回

久しぶりに
ヤられました。

はい。


もうね…
まっしろ(ㅇㅁㅇ)
(爆)

3番なので
すぐに順番が来たのですが

前日にも会えていたので
あまり緊張もせず
一徹くんの前に行けました

そして
一徹くんは
いつもよりも余裕の表情というか

穏やかなテンションで
迎えてくれて

あぁ
素敵゚+.゚(´▽`人)゚+.゚


さぁ
お話を~

とね

ここまでは私
自分のペースのつもりでいました。

が、
この日の一徹くんは
ちょっと違いました。

_(*´︶`*)_
↑みたいな
穏やか~な テンション。

そして…

キキ「こんにちはっ!」
(張り切りっ)

一徹くん「(*^-^*)」
ググっと近付いて
「やっぱり ポニーテールなんですね」
(囁くような言い方)

キキ「うん。暑いからね
髪の毛はお洋服一枚分くらい暑い…」

と説明しようとする私を遮って
ゆっくり首を振る一徹くん

戸惑う私…

すると
一徹くん
私の頭を両手で引き寄せ
ポニーテールの部分を触りながら

一徹くん「ツインテールが良かったのに」
(ここで前日にツインテールの方が
…と言われたのを思い出しました)

そして
ポニーテールを二つに分けて
私の顔の両側に垂らし

「ほら 似合うじゃない。ね?」

これ…
やっていただければわかりますが

私の後頭部のポニーテールを
一徹くんが前から手をまわして
分けて顔の横に垂らす…

顔が
ものすごい近距離なわけです。

ハグ再び…みたいな
目の前に
「一徹くん」の「顔」があるわけです。

しかも
それでツインテールの仕打ち(><)

羞恥以外の何モノでもなく

もう
もう…ムリ……

逃げ出したくなりました…
(´・∀・`)ハハハ…

しかし
そんな私に容赦なく
追い討ちをかける一徹くん

「次は絶対ツインテールにしてきてねっ」


キキ「う、うん…」
(と、しか言えない雰囲気)
(内心 もぉ〜許して〜と思ってました)


一徹くん「ほんとぉ?」
(私の気持ちバレバレです)


キキ「…うん…わか…った…」
(心の中ではムリだと思ってます)


一徹くん「本当?約束だよ?」
ダメ押しに 激しく動揺
(目が泳いでいたに違いありません…)

ヘッドロックされたまま
間違いなく挙動不審な私…

キキ「うん(>_<)」
と やっとの思いで答えると

一徹くん「ん。じゃあ約束
指切りっ!はいっ ヽ(*´∀`)ノ」

やっと離してもらえ


思わず逃げそうになった私の腕を
一徹くんはギュッと掴んで
手に小指を差し込んで
指切りをしてくれました。


私は
それを
へっぴり腰(多分)
で他人事のように見ながら

指切りなんて
レアだ〜
嬉しい…と思いつつ

でも
強烈に恥ずかしいとも思っていて

終わったときは
ちょっとホッとしました(笑)


これが初めての対面なら
走って
その場から逃げたかもしれません(笑)

ま、でも
それなりに経験を積んでるおかげで
離れると ちょっと落ち着いて

一徹くんが
サイン付き写真を忘れているので
「あ、これっ」と
指をさして手渡してもらい

両手で握手をしてから
お別れすることができました。


…と、いうことで

思いっきり
弄ばれました(´・∀・`)ハハハ…

レア体験で幸せですが
終わったときには
軽い敗北感がありました(笑)


会う前
会った瞬間
いろいろ思っていたことは
全部
ぜーんぶ 吹っ飛びまくり


あぁ ヤられた
まっしろ(ㅇㅁㅇ)

と(苦笑)


ま、実際
ヤられました ほんと。
予想外すぎです(笑)


来年50の人間 つかまえて
ツインテールって…
いやぁ
(ヾノ・∀・`)ムリムリ

というわけで

久しぶりに味わった羞恥と
敗北感でしたが

面白かったのと
思わぬ形でも
結構 触れ合えたところで
満足度が高い時間となりました。
(単純ですが)

今回
一徹くんの雰囲気からして
みんな
いつもと違う感じだったのでは?

と予想しますが
いかがでしょう?


理想とは違っても

直接会えて
話せて
握手できて

こんな時間を過ごせるなんて
本当に
幸せなことです。

長時間
たくさんのファンを
優しく迎え続けてくれた
一徹くんに
心から感謝しつつ

また
会える日を楽しみに
日々を頑張りたいと思います。

by otpp | 2016-09-30 19:40 | イベント&メディア | Comments(1)

「キキのアダルト&おダイエット生活」へ ようこそ お越しくださいました


by キキ