<   2013年 11月 ( 45 )   > この月の画像一覧   

「いってちゅ。」サイン&握手会   

2013年 11月 30日
c0304922_0233568.jpg


今日は一徹くんの
フォトブック「いってちゅ。」のサイン&握手会

ということで
池袋まで行ってまいりました。

握手をするというので
電車の中では
ずうっとハンドクリームを塗りまくってマッサージ(笑)

どういう流れなのかわからなくて不安でしたが
整理券をもらいに行ったときに知り合った
KちゃんがDMをくれて
待ち合わせて一緒に行くことになりました。

DMで連絡をとりあいつつ…なんですが
この待ち合わせが~
入口がたくさんありすぎて
私が方向音痴すぎてうまくいかずに迷惑をかけ
二人で大汗をかきながら探しあって
なんとかおちあって

で、そこからまた会場を探すという(笑)

西武広すぎるんですよね
なんでしょ別館って(>_<)

時間にはフツウに間に合いましたが
なんだかとにかく焦りました。

しかし
そこからが本番

サインをもらうために
長蛇の列に並んで待つことになるわけです。

後半グループのちょうど真ん中あたりの私たち
着いたときには前半グループの先頭の方々はもう終わっていました。

しっかりスタッフが仕切っていて
とてもスムーズに見えましたが
それでも
2時15分に並んだ私が
サインをいただいて列を離れたのは3時40分くらいで

2時スタートで終了は5時
結構時間がかかりますよね。
150人が限界かなぁと思いました。

で、私
不思議と緊張はしなかったです。

一徹くんが見えても全然大丈夫でした。

ガチガチに緊張するんじゃないか
ドキドキしすぎて歩けないかも
しゃべれないかも
と思っていましたが

それ以上にうれしかったんですよね。
駆け寄りたかったくらいです(笑)

これでも物凄い人見知りで
相手の目を見ることも苦手だったりするんですが

でも一徹くんの顔も目も
不思議としっかり見ることができました。

なんというか…
日々TV画面での一徹くんを食い入るように見ているからでしょうか(笑)
主観での一徹くんも見まくってますし
なので実感がなかったのかも…とも言えますが

でもホントに一徹くんはあのまんまの雰囲気で
会えたことがただただ嬉しかったです。

一徹くんとのやりとりは

まずプレゼントを渡した私に

一徹くん「ありがとうございます」

キキ「あ、お人形なんです。手作りの。あとで見てやってください」

中をそっと覗きこむ一徹くん

一徹くん「手作りなんですか?」

キキ「はい。」

一徹くん「ありがとうございます」

で、本を開いてサインを書きながら
一徹「なんのお弁当ですか?」

キキ「…」
(今「お弁当」って言った?言ったよね?と、戸惑う私)

黙っていると

もう一度
「どんなお弁当?」と一徹くん。
(やっぱりお弁当って言ってる?!)

キキ「ちがうちがうお人形よ~(笑)」

一徹くん「あ、なんだお弁当って聞こえちゃった」(笑)

キキ「そんな~腐っちゃうじゃん」(思わずタメ口になった私)
(笑)(笑)
いやぁ生ものはダメですもんね。

で、私
サインの宛名を自分の本名の漢字で頼んでいたのですが
(スタッフから鉛筆とクリップボードを渡されて
整理券裏に書いておくように指示があったのです)

二冊だと生写真付きだったので
一冊にサインをもらって、
それを保存版にするつもりで二冊注文していたのですが
どちらにもサインをしてくれるんですよね

それが画数の多い漢字の宛名であることが申し訳なくて

「ごめんね、漢字で…」
と思わず言うと

一徹くん
「いいですよー」と顔をあげて
手元は見ずにサラサラとサイン書きしながら
「人形作ったんですか?すごいですね?それってボク…の?」

キキ「そう一徹くんの人形」

一徹くん「ちんちんの?」

キキ「ちがーう」
(笑)(笑)

そんなこんなで
二冊にサインしてくれた一徹くんですが
二冊目のサインの下には
小さいイラストとThank!と書いてくれました。
…パコパコしてる風な横向き棒人間のイラストです…(笑)

一徹くん「手芸得意なんですか?」

キキ「大好きなんです」

ここでスタッフさんから
「はい、握手お願いしまーす」

で、立ち上がって両手を差し出してくれた一徹くんに
私も両手を差し出して握手し
思わず「うれしい~」と言ったら
「ほんと~」といってもう一度ブンブン握手を強めてくれた一徹くん。

ますますうれしくなって盛り上がっていたら

スタッフさんに
「はい、お時間です~次の方がお待ちですので~」
と促されて

「ありがとうございました」と行こうとしたら

「あ、忘れ物っ 本っ」
と一徹くんに言われ

肝心なサイン本を忘れた私(爆)

キキ「やだ~っ 」(照)
(笑)(笑)

一徹くん「ありがとうございました」

…という風な感じで

後ろのKちゃんに交代。

Kちゃんはこの前ファンミーティングに行ってきたばかりなので
そのお話しをしてきたみたいです。

一徹くんの手…
温かくて柔らかかったです(感涙)
さすが男優さんだと思いました。

終わってからも興奮と感動が冷めやらない私たち
上の階に上がってお茶を~と言いつつ
考えてみればお昼ごはんを食べていなかったので
遅~い昼食?
早ーい夕食?
みたいな食事をして
またイベントでの再会を約束してバイバイしました(^_^)/~

いや~
本当に楽しい初サイン&握手会となって
しみじみ感動…

サインにイラストはみんなに描いてるのかと思ったら
そうではなかったらしく

こんなやりとりをしたから描いてくれたらしいので

もっと感激して
お礼が言えたら良かったな、と思いましたが

でも
こんなにラッキーで
こんなに楽しめるとは思わなかったので
今も夢のような不思議な気持ちだったりします。

一徹くんと、こんなにお話しできたんだなぁ…と
こうして思い出しながら書いてみると
あらためてそう思ったりもして。

ものすごい緊張しいで
あがり症なんですよ私。
なのに一徹くんは本当に大丈夫でしたね。

一徹くんがそういう雰囲気を持っているんだと思います。
目を見て「ありがとうございます」と言われた瞬間に
「あ、大丈夫」と感じました。
初対面慣れした対応のうまさと
優しい人柄によるんだろうなと思います。

とにもかくにも
ステキなあの笑顔に会うことができて
本当に幸せでした。
行ってよかったと心からそう思います

…が、

これ…

中毒化しますよね…

一徹くんが
自分だけに向けてくれる笑顔や言葉

ほんの一瞬であっても
その一瞬のためになら
どんなことでもできそうな…

きっとみんなこういう気持ちで全国どこへでも…
なんでしょうね

秋葉原のサイン&チェキも
全国からお客様がいらっしゃいます…とありました。

電話は見事にはずれましたが

まじめに
店頭に並びに行こうかと悩んでおります…

でも
この腰で並んだら
歩けなくなるかも…
で、長引くかも…(T_T)

う~ん
今回はもう一回電話のチャンスがあるので
そこを終えてからにしようかな…

by otpp | 2013-11-30 11:34 | イベント&メディア | Comments(2)

11月30日(233日目)   

2013年 11月 30日
今朝は64.80kg、
total-16.60kg

とうとうサイン会当日ですが
先月のイベントから
体重減ってない(T_T)

…という悲しみはあるものの

でも
今日は本の刊行のお祝い

一瞬とはいえ直接会えて
握手なんかもできるので
 
プレゼントもお手紙も用意しました。

c0304922_7331291.jpg


ヘアメイクをキメて (笑)
張り切って行ってこようと思います。

by otpp | 2013-11-30 07:21 | 今日の体重 | Comments(0)

11月29日(232日目)   

2013年 11月 29日
今日は65.00kg
昨日おとといと変わらずというところで
total -16.90kg

昨日もアップしたはずが
なぜかなくなっているので
また一日あいてしまいましたが

おとといの夜中に生理がきました~(涙)
今日が三日目ですが
実質二日目みたいな感じです。
また24日(25日)と短め周期で憂鬱ですが
痩せ期を楽しみに乗り切ります(^o^)

腰…
朝は痛みがあり
立ち上がるのには勇気がいります。

薬もきれていますし仕方ないのですが…

ごはんを食べて痛みどめを飲むまでは
緩慢な動きで過ごしてしまいますね。

早く普通に動けるようになりたいです…


さて
明日はとうとう一徹くんのサイン会です。

プレゼントの人形は
あとは靴だけとなりました。
人形も裸というわけにはいかないので
シャツ、ズボン、靴は必要で
そういうのが結構大変だったりしますが

でも
このチマチマとした作業が
たまらなく好きだったりもします(*^_^*)

by otpp | 2013-11-29 07:16 | 今日の体重 | Comments(4)

11月27日(230日目)   

2013年 11月 27日
今朝は64.50kg
total-16.90kg

ぎっくり腰ですが
昨日はどうにか病院へ行き
しっかり者で優しいmen's理学療法士さんに矯正してもらい
痛み止めをいっぱいもらって
幾分ラクになりました。

前回、腰を傷めて通院したのは二年前だったらしく

体重が減ったことをほめられて嬉しかったです。
(^。^)

by otpp | 2013-11-27 09:25 | 今日の体重 | Comments(2)

11/25 食事日記   

2013年 11月 25日
朝ごはん
ヨーグルト65
紅酢25
食パン132
計222

昼ごはん
ごはん150
こんぶ30
マグロ40
ウインナー210
計430

ケーキ120

夜ごはん
やきとり240
マカロニサラダ200
計440

合計1212

by otpp | 2013-11-25 07:49 | 食事日記 | Comments(4)

11月25日(228日目)   

2013年 11月 25日
今朝は64.20kg
-300g
total -17.20kg

ほんの少し戻る…ということは
まだ生理は来ないのかな…

腰の痛みで
他はあまり考えられない状況ですが

今日も猫の病院と
(一匹は点滴、一匹は去勢手術)

それから
土曜日の一徹くんのサイン会のプレゼントをつくっているので

足りない材料を買いに行って
今日は製作に励みます。

寝不足でも
腰が痛くても
頑張るしかない、というときがあるんですよね。

今日は頑張ります!!

by otpp | 2013-11-25 07:00 | 今日の体重 | Comments(0)

11/24 食事日記   

2013年 11月 24日
朝ごはん
バナナヨーグルト170
食事132
チーズ49
計351

昼ごはん
ごはん165
豆腐ハンバーグ145
バナナヨーグルト145
計455

夜ごはん
ケーキ280
水炊き240
計520

合計1326

by otpp | 2013-11-24 16:35 | 食事日記 | Comments(0)

11月24日(227日目)   

2013年 11月 24日
今朝は64.50kg
増えてます…

実は
昨日ぎっくり腰になりました…

別に
重いものを持とうとしたわけでもなく

ほんのちょっとムリな体勢になりかけた
という
ほんのちょっとのことで
ピキーンと痛みが走り

ヤバいっと思ったときは
すでに遅し…なんですよね。

少しのタイムラグがありましたが
結局
まったく動けくなりました。

もう
何回もやっているので
トホホと思いながら

コルセットをつけ
痛み止めを飲み

ま、どうにか動いていますが
テキパキとはいかず
おそるおそる
ノロノロ

ストレスがたまります…


暴食したり…
(>_<)

ネコの病院へは毎日行くことになり

3時間おきに介護食を与えたりもしていて

考えてみれば
このところ
ネコの寝床にしゃがんでばかりいたので
それもよくなったなと反省し

今はテーブルにネコを乗せて
私も椅子に座り
ゆったりとあげています。

ムリのないようにと思いつつ
どうしても
手っ取り早く、最短の動きで用を済ませようとしてしまって

腰に爆弾を抱えてることを
忘れがちなんですよね。

やらかすと
あ、しまった
と思い出すわけです(>_<)

疲れは弱いところにでやすいもの…
気をつけなくてはいけませんね。

by otpp | 2013-11-24 16:13 | 今日の体重 | Comments(0)

Love Switch another stories-first touch-一徹&友田彩也香   

2013年 11月 23日
c0304922_854246.jpg

この作品は
共演の多い一徹くんと友田彩也香ちゃんのカップル
(いっくん&彩ちゃん)が
初めてエッチした時…を描いているものです。
ananの付録のスピンオフだと思いますが
この二人で4作品でしょうか…

今作と
ananの付録と
COCOONの喧嘩しちゃうのと
遠距離恋愛のものと。

とりあえずその4作品は全部観ていて
全部好きだったりしますが
この作品は
特に萌えポイントが多い(わかりやすい)
と思います。


~ごちそうとワインの並ぶテーブル~

くつろぐ二人


スマホを見ながら笑いだす一徹くん

彩也香「ん?」

一徹「ね、ちょっとコレ見て。この間の飲みんときのヤツ」

彩也香「なにそれ~めっちゃウケる(笑)
ってか先輩たちって あの頃となんも変わってないんだね」
(一徹くんと彩也香ちゃんは同じ大学の先輩と後輩という設定らしいです)

一徹「そっちの代は飲みとかないの?」

彩也香「う~ん たまに女子だけで会うときはあるけど…」

一徹「ふ~ん そうなんだ。なんかさ あんときみたいにさ
みんなでパーっと こう 飲みたいよね」

彩也香「ね~あのころに戻りたいな~」

一徹「まだあんだよ ほら」

彩也香「なにそれ~もうやだ~」

一徹「じゃあこれは?」

彩也香「やだ~」


…で場面が変わって…


~掛け時計のアップ~
時刻は11時過ぎ…

白いソファで眠る二人

先に目覚める彩也香ちゃん

「もう 終電だ…」

眠る一徹くんを見て微笑み

「おーい そろそろ帰るよ~」
といってキスしようとすると
ぱっと目覚める一徹くん

彩也香ちゃんをグイっと抱きしめます。


一徹「もう帰っちゃうの?」

彩也香「うん もうすぐ終電だし。」


一徹「ほんとに帰る?」

彩也香「…帰りたくない」


一徹「ね、キスしていい?」

うなずく彩也香ちゃん

ゆ~っくり近づいてキスする一徹くん
(じれったいくらい ゆっくりです)

一徹「どうする?もうすぐ終電だけど?」

彩也香「いじわる」
(ホント いじわるですよね~)

~キス~

一徹くん
彩ちゃんのおでこから顔中にキスして
そのまま彩也香ちゃんをソファに押し倒します…

彩也香「ちょっと待って…待って…」

一徹「待てないよ。もう充分待ったよ。」
(真剣な顔で。これ、萌えゼリフですよね)

彩也香「…おねがい…」

~キスする一徹くん~

彩也香「んん…お願い…ちょっと待って」

一徹「んん?イヤなの?」

彩也香「イヤじゃないけど…」

~またキスする一徹くん~

彩也香「お風呂…お風呂入りたい!(懇願)」

一徹「いいよそんなの」

彩也香「ダメっ お風呂ぉ」
(わかります…はじめてのエッチですもんね)

一徹くん
キスしてから笑顔で
「いいよ。わかった」と一旦了解しますが

「…って思ったけどやっぱやめちゃおっかな」
といたずらっぽく言ってまたキスをします…

すると彩也香ちゃん
「お ふ ろ は い る~」
と強めに可愛く抗議

一徹くん
「わかったわかった」と
笑って
「来て」と彩也香ちゃんのことを抱きおこして

場面が変わります…


~お風呂あがりの一徹くん~
ベッドに座って髪を拭いていると
彩也香ちゃんが一徹くんと同じTシャツを着てお風呂から出てきます。

一徹くんのシャツを借りて着ている、という
ま、憧れのシチュエーションだったりしますね。

ちょっと恥ずかしそうな彩ちゃんに
おいでと手を差し出す一徹くん

抱き合う二人…

抱き合ったまま彩也香ちゃんが言います
「電気もうちょっとだけ暗くして…」

「え~?やだよ」と言う一徹くん
(ほんとにイヤそうに言うんですよ、コレ)

でも彩也香ちゃんが
「おねがい…」
と可愛く、でもきっぱりとした口調で言うので
仕方なく聞いてあげることにします。

リモコンを調節して
「こんぐらい?」と。

彩也香「もうちょっと…」

一徹「こんぐらい?」

彩也香「もうちょい…」

…真っ暗になるまで言い続けそうな彩ちゃん

一徹くん フっと笑ってリモコンを放り投げ
彩ちゃんをベッドに押し倒します。

この
フっと笑って押し倒すところ
これもまた萌えポイントですよね~(*^_^*)b

や~だ~
と言いながらも嬉しそうな彩也香ちゃん。

いっぱいキスしまくられて
くすぐったいを連呼します。


一徹「好きだよ」

彩也香「私も」

一徹「好き」
「もっといっぱい…」
と言いながらキス

一徹「もっとよく見して」
で、
「やっとだよ~」
(やっとエッチできる!という喜びのコトバですね)

彩也香「もう 何言ってんの」

一徹「ね?脱がしちゃうよ。来て」

恥ずかしそうな彩也香ちゃん…

一徹「恥ずかしい?」

彩也香「恥ずかしい…」

一徹「カワイイ」

一徹「キレイ…もっとよく見して。」
「彩ちゃん カラダにもいっぱいホクロある」

ま、知り尽くしているはずなんですけどね(笑)
でも二人の初エッチの設定なので
ホクロがいっぱいあることに感激するのです。

「ここにもここにも。あとはどこだ~?
ここにも ここにも…」

彩也香「恥ずかしい…」

一徹「こっちにいっぱい まだある…」

彩ちゃんをうつぶせにして
「あ、うなじ…キレイ…こっちも脱がすよ」
と、ブラをはずし

今度は仰向けにして
「キレイ…カワイイ…」と言いながら愛撫

彩也香「気持ちいい…」

一徹「気持ちいい?」

いっぱいキスしながら
「ん?ここにもホクロある…」
と言いながら 体中にキス

二人ともイイ表情です…


一徹「カワイイ」

彩也香「もっと見て」(「見て」って、二人とも言うので私的にツボなんです;笑)

一徹「うん 見てるよ」
「我慢できない!脱がしていい?」

彩也香「脱がして…」

キスしながらパンツを脱がすと
恥ずかしがって手で隠す彩也香ちゃん

一徹「なんで隠すの。すっごいキレイだよ」

一徹「ね 見てて」「見ててね」(ほら一徹くんも;笑)

彩也香「気持ちいい」
すっかり頬が上気してます。

一徹「彩ちゃん 腰動いてる」

彩也香「気持ちいい~」

一徹「ね もっとしていい?」

彩也香「もっとして」

攻める一徹くん
喘ぐ彩也香ちゃん…

一徹くんが指を入れようとすると
彩也香「あ、ダメ…」

一徹「ダメ?」

彩也香「気持ちいい…」

一徹「どっち?」(笑)

彩也香「気持ちいい」

一徹「つづけるよ」

彩也香「もっとして…」

一徹「カワイイ」

彩也香「気持ちいい…」

一徹「ほんと?」

喘ぐ彩也香ちゃんをみて嬉しそうな一徹くん

そのうち
「ほれっ」と遊んでみたりも(笑)

ダメ~っと喘ぐ彩也香ちゃんにテンションがあがり
体中にキスして
「いっぱい気持ちよくしてあげる」と
またまた攻め始める一徹くん

コレ
さすがに長いかも…と思ってしまいましたね^^;

気持ちいいを連呼する彩ちゃんにちょっと飽きてきたりも…(苦笑)

でもこの後
ようやく一徹くんが
「ね オレもう我慢できない!ちょっと待ってね」
と、サイドテーブルからゴムを取り出します。

一徹「やっとこれ使うときがきた!」
と(笑)(笑)

彩也香「いつから持ってたの?」

一徹「付き合ったら もうそのとき」

彩也香「エッチ(笑)」

一徹「でも大事でしょ?」

彩也香「うん」

膝立ちでキスしながら
彩ちゃんにパンツの上から触らせて

「すごいやろ」
と、なぜか関西弁の一徹くん(爆)

素直に
「うん」という彩也香ちゃん(笑)

パンツを下してゴム装着

ところがズボンをまだ脱いでなかったらしく
足首の先でパンツとズボンがひっかかって

「あ~ズボンまだるっこしい~」という一徹くん。

でも なんとか脱ぐことができて
~挿入~

一徹「やっとなれたね、こういうふうに。超ウレシイ!」

彩也香「うれしい」

一徹「彩ちゃん 気持ちいい…」

彩也香「気持ちいいよ…」

一徹「見してもっと」
「いくよ。」
「かわいい…キレイ…」

彩也香ちゃんの顔を見つめながら
「気持ちいい」
「ヤバイよ」
「だってずっとこうしたかったんだもん」

彩也香「わたしも」

一徹「ねぇ ギュっとしていい?」

彩也香「して!いっぱいして!」

一徹「入ってる…来て…」

正常位から対面座位に。

一徹「超シアワセ」

彩也香「わたしも」

一徹「キレイ」

彩也香「気持ちいい…」

一徹「オレも…」

一徹くんに、いっぱいキスする彩也香ちゃん


正常位→対面座位→正常位(片足上げ)→側位→バック→正常位
とバラエティに富んでます。
(はじめての設定ですもんね)

彩也香「気持ちいい」

一徹「オレも」
   「ヤバイ…ヤバイ…」

バックになると
一徹くん
「背中も うなじも 全部キレイ…」
と言って
髪を撫でて攻めます。

一徹「大好き」

彩也香「わたしも」

一徹「ずっと見てて…」

そこから ますます激しい二人…

身体の柔らかい彩ちゃん
バックなのにキスしまくりですし

一徹くんも
また「ぎゅっとして」と言ってます。
(これまた萌えますよね~)

二人とも汗だくで…

ラストは正常位

でもこれが…
ここからが長いんです…

アップでのキス(イイ♪)

一徹くんの汗が彩也香ちゃんの顔にポタポタ落ちて
それを拭ったり
自分の顔の汗を「すごい汗!」と手で拭ったりもして

とにかくずっと動いているのですが

でも
もうギリギリという感じになってから
どうなってんのかと思うくらい長いんですよね…

めちゃめちゃ汗をかいてがんばる二人(笑)

バックでも結構激しかったですが
ラストの正常位でここまで長いってすごいな…と

見ているだけの私でもそう思ってしまいましたが 

彩也香ちゃんもさすがに喘ぎ疲れたのか
息絶え絶えに
「一緒にイこう」なんて言ってます。

でも一徹くんが
なかなかイかないんです…

気になって真面目に時計を見てみたら
ほんの5分くらいのことでしたが
でも
とにかく長く感じるんですよ
ま、5分って長いですけどね。
1km走れますし。

そんなこんなで
ものすごーく頑張って
どうにかフィニッシュを迎えます…

めちゃめちゃ汗だくで疲れ果てた風な二人…
(特に一徹くん…)

でも
なんとか息を整えて

一徹「彩ちゃん大好き」

彩也香「わたしも。…はじめてのお泊りだね…」

一徹「じゃ、あと何回できるか」

彩也香「やだ もうエッチ」

一徹「ダメ?ダメっつってもするけど。」

…二人じゃれあって

~fin~

しかし

あと何回できるかって…

もう ムリでは?
と思うくらいのハードさで
このセリフを言うのも大変そうなくらいでしたが(笑)

でも
可愛い二人の全力感いっぱいのエッチは
見ているだけで元気がでそうな気がします(^^)

by otpp | 2013-11-23 15:01 | AV鑑賞・感想♪ | Comments(2)

11/22 食事日記   

2013年 11月 22日
朝ごはん
バナナヨーグルト145
食パン132
計277

昼ごはん
ビザトースト265
甘栗160
卯の花40
計465

チョコパイ165
キャラメル115
夜ごはん
赤ワイン200
クラッカー110
サツマ揚げ140
甘辛ゴボウ100
計550
合計1512

by otpp | 2013-11-22 07:13 | 食事日記 | Comments(0)