<   2016年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧   

Ittetsu♡Paradise 2016 ~in新宿ロフトプラスワン   

2016年 02月 28日
と、いうわけで

行ってまいりました
Ittetsu♡Paradise 2016

c0304922_20274280.jpg



まず はじめに

個人的な思いが溢れ
前置きが超長い…ということで

どうかその辺り
ご了承くださいませ
m(_ _)m



なんと

ロフト イベント
半年ぶりでございます。

こんなに行かなかったのは
ファン生活のこと。

思わず
自分のブログで振り返りました。

いつから行ってなかったっけ?


すると

Sぃちゃんが申し込んで
FC席を当ててくれた

8月のスイトラに
張り切って
浴衣で行ったのが最後でした…


申し込まなかったのは
学校行事と重なった2回…

それだって
2度目は
FCは未練がましく申し込み

当たれば
みんなに謝り倒して
行ってしまおうと思ってました。


しかし…

気がつけば
半年ぶり


10月にはエムズがあり
11月にREXYの舞台もありました。

当たったことには
感謝していますし
会えたことにも
満足しています

…が
それにしても

ロフトに
半年も行けない日が来るとは
思ってもみなかったので

鬱々が増していき

年明けからの
仕事が最悪な状況だった
というのも相まって
日々ヘコみまくっておりました。

で、
こればかり考えてると
鬱々としてくるので

もう
他のことを考えよう

忘れられないけども
ちょっとシフトしよう

と思って頑張っていたら


遠距離恋愛が自然消滅するような…

揺るがないはずの
「好き」という思いが

なんだか危うくなり…(苦笑)


そんな中
FCハグイベント6回目

とうとう周りのお仲間は
みんな当たり

私だけが残されました。


みんな行ってしまうのね~
。゚ヽ(゚´ω`゚。ヽ)


と、いうわけで
更にひっそりと落ち込み

そして
その諸々に疲れ

もし
今回のイッパラにハズレたら

もうファン生活は 卒業して
ブログもやめよう…と

そう思うほどに
打ちひしがれていたのです(苦笑)


が、ここへきて
当選!

イッパラは嬉しかったです。
誕生日イベントは3回目

これで
ファン生活4周年を
どうにか無事に迎えられそうです
(*^▽^*)

2人で申し込んだので
当たって
ホッとしたというのもありますが

今回は
ほんとに
ほんとに嬉しかったんです
‹‹(´ω` )/››‹‹(  ´)/››‹‹( ´ω`)/››

どのくらい嬉しかったかというと
まず当選に
やった!当たった~!と叫び
そして
娘に「当たった」と言いに行き

その夜には
嬉しすぎてなかなか眠れなかった
という
そのくらいの嬉しさ(爆)


さて
そんなわけで
今回は初心に戻り

美容院に行き
服を選び

ただただ楽しみに出かけて行きました
(*^▽^*)


さて
イベントはというと

いつものように
牧野さんのご挨拶と注意から始まり


翔太くん
有馬くん
ツッキーが登場


最後に一徹くんを
みんなで迎えてスタートしました。


37歳…
というわけで

初っ端から
加齢臭ネタ(笑)

自分の匂いで目が覚めるんですよ
ん?って。
枕とかのね(爆)

なんと のっけから
加齢臭の
カミングアウトをした一徹くん。


まぁね…
オジサンの仲間入り的な
年齢ではありますが

でも
まだまだ40前
若いよ 若い^^

ニオイ
少数派かもしれませんが

そんなにイヤじゃないです

枕に関して言えば
むしろ好き(爆)

オットも
腋の下のニオイには
興奮すると言ってましたが

腋の下と耳の後ろから首筋には
ちゃんとフェロモンがあるんだそうで

本能を刺激されるんです(-∀-`ニカッ


ま、好きな人限定だとは
思いますけど。



そして
そんな流れから

早々にケーキが運ばれ
Happy birthday

今年は
ロウソクを吹き消す
一徹くんを見ることができました。

こういう普通のお祝いが
一番だな~と思いますね。


そして
お楽しみプレゼントタイム


シルクからは
なんと
目覚ましでした(爆)

だんだんとライトが明るくなっていき
自然な目覚めを促すという
外国製の目覚ましですね。

効果があるのかどうか…

イマイチ信用できないところも
ありますが(笑)

ま、でもね

個人的には
2度と一徹くんの遅刻の現場は
目にしたくはない
…と思っているので
(キライなりそうですから)

「時間厳守」
本気で
頑張っていただきたいと思います。


そして
翔太くんから
一徹くんへのプレゼントは

なんと
見事なハゲネタ

斉藤さんや江頭さんなど
かなり髪がさびしい方々の
お顔を一徹くんに挿げ替えたものが
次々と…

一徹くんがハゲたら…
というのが想像できる
素晴らしい出来映えでしたが
でも多分
頭の形が違うので
こうはならないかな
なんてことを思いつつ
妙に冷静に見てしまいました(笑)


禿げても素敵な人はいますし
違う方向で活躍できるはずなので
ここはもう
ありのままを受け入れて
明るくいきましょう!

と言うメッセージをこめたのだと
最後に翔太くんは言っていましたが

一徹くんは
ハゲ
と言いすぎる翔太くんに過剰反応(笑)

また翔太くんってば
『ハゲ』の言い方に
愛がない(笑)

なんか
容赦ない感じで
悪意すら感じられる(笑)

ま、若いしね^^

それに
そもそも
父と祖父がフサフサだという
有馬くんと翔太くんは
余裕があるのです。

全然へっちゃらで
まったく ピリピリしてない(爆)


お父さんも
おじいちゃんも禿げてないという
…安堵感ったら
ないでしょうね(笑)


そして
逆に
お父さんとおじいちゃんが
M字ハゲ
という一徹くんは
(ツッキーもですが)

遺伝
という

底知れずデカイ因子を
背負ってるわけですから(笑)

その
恐怖と焦燥感ったらないでしょう(爆)


しかし
そんな怯える一徹くんに

ツッキーからの
とどめのひと言
『ハゲても好きな
(好きでいてくれる)人なんていませんよ~』



いや
好きですよ

ハゲたって
きっと好きだと思う。


だって そんな
いきなりハゲるわけではないし

危うくなってイヤなら
植毛でもウィッグでもね^^

ま、そんな話もしてましたが


ハゲても大丈夫
好きだよという人〜
と一徹くんが会場のファンに聞いた時は

結構
拍手が多かったです^^


私もね
太る方がイヤですね
個人的には。



そして
有馬くんからは

「ハゲの原因と予防と対策」

またもや
ハゲネタ(笑)

スクリーンには
パワポできちんと作られた
文字と画像

これがもう
スッキリと見やすく
わかりやすい。

しかも
ちゃんと落とし所もある
という素晴らしい出来^^

そして
快活に見事な説明をする有馬くん。

もうね
立派なプレゼンでした(笑)


ハゲの原因は
食生活とストレス!

~食生活の乱れ〜では

大阪に行った時の
めちゃくちゃな食事を指摘

大文字で
エクレア5個!

ざわめく会場(笑)

一徹くんも自ら
ラーメン食べてたこ焼き食べて~
で、エクレアだから、と(笑)

えーっ(会場)

しかもベッドに寝っ転がって
食べてましたからね、と。

うーん…
それはヒドイ

ま、解放感から
食べすぎるのはわかりますが

エクレア5個は
さすがに
やりすぎかも(笑)


そして
もう一つの原因は

〜後輩達から受ける過度のストレス~(笑)

後輩たち
(ツッキー、有馬くん、翔太くん)の
ヒドイ顔の写真と共にさらりと説明(笑)
ウケました
(^▽^)


そして
~遺伝〜

ま、こればかりは抗えませんからね…


最後に
漢方にもハマってるとのことで
いろんな漢方を紹介して

髪にいいという黒豆をプレゼント
(*^▽^*)

一徹くんは
風呂にも入らないで寝ちゃったりする
と言っていたので

食生活に気をつけ
良いと言われるものは
積極的に摂らなくてはですね。

頭皮ケアの話にもなり

『お風呂に入って
ちゃんと髪の毛洗います』

当たり前のことを
誓った一徹くんでした。



そしてツッキー

ハードルあがってますからね
大丈夫?と思いましたが

一徹くんも
大丈夫なの?
と心配していました(笑)


ツッキー『僕のは まともですよ~』

一徹くん『え?何?
映像作ってきてくれたの?』

ツッキー『そうですよ〜』

(゚∀゚ノノ"☆パチパチパチ


やってくれましたツッキー

なんと
スカルプDのCMのパクリ(笑)

ツッキーが振りを踊り
カメラ目線で
シャンプーの真似をするんですが

歌も歌ってるんです!

いやぁこれ
盛り上がりました。


翔太くんや有馬くんと違って
ツッキーには
やってきた感は全くなかったというのに

しっかり盛り上がって
誰よりも印象づけてしまうという

ほんと
持っていきますよね ツッキーは^^


一徹くんも大喜びで
もう一度見たい!と言うと

渋るツッキー(笑)


すると一徹くんは勝負を挑み
『じゃぁ僕が勝ったらもう一度見せて!』

そして…
一徹くんの願い通り

ステップを踏む
ツッキーがもう一度 観れました(笑)
(最後は切れましたが)


一徹くん『ツッキーさ
何であんなに目が座ってるの?』

ツッキー『 恥ずかしくて目も座りますよっ』

可愛い2人…(*^^*)


一徹くん「でも これすぐ撮れたんでしょ?」

ツッキー「そんなことありませんよっ」


そこで牧野さんが
いやぁこれ
1時間くらいはかかってますからねぇ
あの簡単なステップが
どうにも出来ませんでしたから(爆)

と撮影裏話を(笑)
(苦労したんだね)


そんな感じで
楽しいプレゼントタイムは終了〜

写真撮影があり
c0304922_15390267.jpg

一徹くん

c0304922_15390428.jpg

ツッキー

c0304922_15390557.jpg

有馬くん

c0304922_15390657.jpg

翔太くん

c0304922_15390809.jpg

全員

いつものように
プレゼント抽選会

最後の挨拶で
なんと
一徹くんからのサプライズ!

皆さんに何かお返しがしたくて
用意してきました
と。


スクリーンに映し出されたのは
オリジナルプリントの
キットカット(チョコ菓子)

4種類あり
写真が変顔の一徹くんなのは
どうかと思いますが

なぜか1つ笑顔のツッキーがいて

それはもっとどうなのかと(笑)


ま、この笑顔が好きで~と聞けば
あぁツッキー愛なのねぇ
と思いますが

やっぱり 変ですよね(笑)


自分のことを大好きで
最高にカッコイイと思っている
「一徹ファン」が集まってるわけです。

もう こういうのは
これでもかとキメキメの
最高の写真を
使ってくれていいと思うんですよ
ナルシスト全開で
ねえ?

なのに変顔&ツッキー(笑)


ま、でも

一徹くんは
キメキメの自分が
こそばゆいんですよね。
気持ち悪いとか言ったりしますし。


さすがにもう
慣れてほしいとは思います…

いつまでも
照れてんじゃないよ~
と思ったりもしますが

でも そこが
それこそが
一徹くんらしさでもあるので

そのまんまを愛でて
ありがたく
何でも受け入れようと思った私です。



…が

これね…

えーっ
ツッキーやだ〜っ

けっこうマジっぽく
文句言った人がいたのですね(苦笑)

はい。
まぁ
気持ちはわからないでもないですが

でも
プレゼントに文句を言っちゃ〜
ダメです。

それは
常識ですよね。


大人げない
&隣りにいるツッキーの立場(苦笑)


センスをけなしたり
否定するなんてもっての外

一徹くんは
そういう人なんで
もう
諦めるしかありません(笑)

ファンならば
懐深く 愛しましょう(´ー`)


私?

私はですね
とりあえず
普通の変顔一徹くんでした(笑)
(「普通」の「変顔」)

で、こう言いました

わぁ
ありがとう〜(*^▽^*)

『 一徹くん』『で』『 嬉しい~っ』

こちらです
c0304922_15390919.jpg



いやぁ

本音
ダダ漏れ(´>∀<`)ゝ


でも会話はスムーズでしたね。
お見送り
急かされはしましたが
いい感じだったと思います。


翔太くんとは

キキ「5日のイベント行くからね!」

翔太くん「ほんとですか?!ありがとうございます!」

キキ「初めてのサインだから楽しみにしてるよ〜」

翔太くん「そうですよねぇ(*^▽^*)」

キキ「頑張ってね」

翔太くん「ありがとうございます」


有馬くんとは

キキ「お久しぶり~」

有馬くん「あぁ〜来れたんだ~」

キキ「イベントと舞台!行くからね
頑張ってね」


するとツッキーが
「ボクも舞台出ますよ〜」

と話かけてくれたので
有馬くんとはそのまま終了(笑)

ツッキーとハイタッチしながら
キキ「そうだよねぇ舞台決まったもんね。
頑張ってね」

ツッキー「はい。頑張ります!」


そして一徹くん

ハイタッチしながら

一徹「あぁ久しぶり」

キキ「うん。おめでとう!
会えて嬉しい~」

一徹くん「ありがとう。ボクも嬉しい~」

ここで
ぼーやくんに急かされたので

キキ「あっ じゃあ…」
とチョコに目をやり

一徹くんが手渡してくれて

わぁ ありがとう
一徹くん『 で』嬉しい
(笑)

でも
『嬉しい』に反応してくれて
『 良かった、ボクも嬉しいよ〜』
と言ってくれました。


と、いうわけで
お見送り
とても幸せでした。

一瞬でも会えるのは
やっぱり嬉しいですよね。


そんな感じの
半年ぶりのロフト

ま、馴染みの方々はほんの僅かで
すっかり浦島太郎気分ではありました。

まさか
「久しぶり」と言われるようになるとは…
(苦笑)

ファンも増えてるわけですから
当然ですが
やっぱりさびしいですね…


でも
おかげで
初心を思い出すことができ

ありがたみがわかったことには
感謝しています。


次は12日

絶対
当たりを引き寄せたいです!



しばらく
行けてない~という方

心折れそうになりますが
負けずに一緒に頑張りましょうね


ぜひ
ロフトで
お会いしましょう!
*\(^o^)/*

by otpp | 2016-02-28 07:25 | イベント&メディア | Comments(4)

Romantic album 一徹&安野由美 月野帯人&井上綾子   

2016年 02月 07日
c0304922_12080576.jpg

2月6日は

一徹くん
虎ノ門でイベントの日

今日はイベントかぁ…
と思っていたら


新作発売日!
(すっかり忘れてました)

ということで


ダウンロード^^


今回のダウンロード特典は
なんと主観版


まるで自分に向けて
セリフを言ってくれているような

ちょっと恥ずかしいですが
キュンとする特典


というわけで

嬉し恥ずかし
ニコニコ キュンキュン
楽しんでいたらば

なんと
ツッキー特典で

騎上位から
ツッキーを
見下ろすアングルがっ
(∀\*))キャッ

リアルすぎて
思わず
絶句

いや
元々イヤホンして
黙って観てますが

わっ

言っちゃいましたね 多分(笑)

まともに
テレてしまいました
゚+.(*ノωヾ*)ャン♪+゚


あまりにリアルで
夢に見そう…
と思いましたが
残念ながら
見ることはできなかったです(笑)


さて
まずはツッキーと井上綾子さんの

weak point


ツッキー演じる若本健吾くんは
同じ会社の上司である
岩井潤子さんと恋をするわけですが

そのきっかけとなったのは

彼女が1人で残業中
夜中に
ふと婚活サイトをみてしまい

つい条件を書き込んでみたりして
(本気ではないけどやってみた感じ)

そのまま席を外したときに
健吾が戻ってきて
潤子のパソコンを見てしまう…
というものでした。


猛烈に焦る彼女に

この条件(入力している)は
自分にピッタリだと言い

翌日
デートの約束を取り付ける健吾。

公園で待ち合わせて
デートをするのですが

健吾は
バゲットに生ハムとチーズ
というオシャレな昼食を用意してきて

それを2人で食べて

バドミントンをする

…という

とても
36と39のカップルとは思えない
健全な爽やかデートをした2人
(*^^*)

帰りには
手をつなぐこともできました。


その後
潤子が風邪でダウンしているのを
健吾が見舞いにきて看病してくれて…


その場面が

PVのあの部分


潤子「息子がいたら
きっと こんな感じなんだろうなぁ~」

健吾「やだなぁ 僕は カレシ
彼氏になりたいんですよ」

といって
ふい打ちキス
(* ^)(^ *)

超絶カッコいい
ツッキーが見られます。


さて
そんないい感じで距離を縮めた2人


後日
LINEで食事に誘う健吾

でも
潤子は
同じ会社で
しかも目の前に座っていて
部下でもある健吾からの誘いに
応えることができず

それまでも なんとなく
健吾を避けていて…


その日も結局
そのまま自宅に帰ります。


すると

なんと
潤子の部屋の前で
座り込んで待っている健吾…


部屋に入る二人


「僕のこと避けてるでしょ
どうして?」
と問う健吾に

「もう 付き合うとか
そういうのわからなくて…」

と困惑して答える潤子


健吾は
「僕たちなりに
やっていけばいいじゃないですか」
と真っ直ぐに気持ちを伝え

ようやく
受け入れる潤子…


そして
健吾「僕たちオトナですよね」

潤子「え?」

健吾「そういうのが わからないところも
可愛いです」

…といって
戸惑う潤子を押し倒す…

という
無理のないシチュエーションで
進んでいきますが


絡みでは

なんと
ツッキーが笑う笑う


こらえ切れずに笑っちゃう感じで

あの
ニッコニコの顔( ˆˆ )


職場の上司でもある人と
そうなる時は
なんともフクザツには違いなく
照れるのも間違いなく
嘘だろーヾ(・∀・;)オイオイ
ってな気持ちになるのはわかります。

が、

コレ 個人的見解なんですが

彼女
素では
面白い人に違いない
…と思ったりするわけです。

そういう喋り方で声質なんですね。

絶対的に母親感
というか
オバサン感がある(笑)

この感じの人は
間違いなく面白い人だろうと
確信できる雰囲気の人で

なので
そんなキャラの彼女が
「女」になるというギャップ

これに 笑ってしまうのではないかと。


もうね…
いちいち笑うんですよ
あの笑顔で(爆)

そうすると
彼女も笑っちゃうし
素に戻るわけで

で、何度も仕切り直し
というか
スイッチを入れることになり…

ま、でも
それもまた
この2人ならでは
というところで
悪くはないのですが

とりあえず
色っぽくはないし
キュンとすることもないかな…と
(^ω^;)

そんな絡みになってます。


井上綾子さん
実際には46歳のお姉様

同じくらいじゃないかなぁ
と思って
思わず調べてしまったのですが
(ごめんなさい)

これは
実年齢設定でも
良かったような気がするのです。

ツッキーのほうは
36歳の実年齢設定でしたし
彼女は10歳上で
そのくらい年が離れていれば
彼女が躊躇するのももっともなはず

そしたらもっと
リアリティがありましたよね。


でも
ツッキーが誰かを待っていた設定とか
その芝居とか

積極的に口説くのとか

これはもう
なかなかね

イイもんです。

芝居も
うまくなりましたが

まだまだ伸びしろがあるという部分で
楽しみもある
そんな
可愛いツッキーの新作
ぜひぜひご覧ください。


イケメンで逞しく美しい肉体
なのに
とても優しいツッキー

次にもしも
年上の彼女設定があるのなら

DVを受ける薄幸な美しい人妻と
隣に引っ越してきた青年が心を通わせ
連れて逃げるようなのを希望します。



そして
一徹くんと安野由美さん

language of flowers

博(ひろし)くんと泉(いずみ)さんのストーリーですね。

博は
押し花の
今風のアレンジを教えている先生で

泉は生徒


落ち着いた雰囲気の
優しげな先生役は
一徹くんにとてもお似合いでした。

いいなぁ
こんな先生…(´-`)

カルチャースクールに
こんな先生がいたら
間違いなく人気講座になります(笑)

生徒がこんなに少ないはずがない(笑)


さて 最初に驚いたのは

このスクールのシーンで
とても不安げな生徒の泉が
家に帰って料理を作り

そこに
「ただいま」と
帰ってきたのが
博だったことです。


もう 付き合ってる
という設定なのでした。


二人の馴れ初めは
後からドラマで。


安野由美さん
元々童顔なのだろうと思いますが

愛らしい顔立ちで
実年齢より若く見えます。

声も話し方もお若い

かといって
若作りでイタイわけではなく

ある意味年相応な雰囲気もあり
それでもなお魅力的(*^^*)

うーん
男性ウケがいいタイプですね
(*^^*)

なので
同じ女からは
嫉妬と反感をかうタイプ
ではないかと思われます(笑)


馴れ初めは

博がスクール後に
昼食のカップ麺を持って
廊下を歩いていると

泉が声をかけるところから始まります。


泉「あらぁ カップ麺は良くないですよ〜
彼女にお弁当作ってもらえばいいのに」


ココについては
相応にオバサン臭く
お節介なことを言う泉さんです(笑)


でも
バツが悪い博くんは

「恥ずかしながら独り者なので
ついこんな感じになっちゃうんです」

みたいなことを言い

泉は
それを聞いて

自分も独り者で
押し花は下手だけど料理は得意なので
今度お弁当を作ってきますよ
と。

すると博も

「小倉さんみたいなキレイな人が
お1人なんて
周りの人は見る目がなかったんですね。
お言葉に甘えて
お弁当 お願いしてもいいですか?」


…そして スクールの日

お弁当箱を返す博

帰宅した泉がお弁当の包みをあけると
そこに博からの手紙が入っています。


〜お礼に食事でもいかがですか?~


花の便箋にしたためられた
お礼の手紙を
嬉しそうに抱きしめる泉


テラス席でのランチ

二人は話しが弾み…

帰り際
博が已を決して
「またデートに誘ってもいいですか?」

そして今に至る…というような
流れとなっています。


絡みはもう
一徹くんですから
当然ステキなのですが

年相応に
二の腕もお腹も
プルンプルンな泉さんを

からかいながら
そして
恥ずかしがらせながら

でも
ギリギリやりすぎず
言い過ぎずという絶妙さで
うまく進めていくのです。

これはもう
そのまんまの一徹くんだと思います。

とてもお上手。



どんどん色っぽくなっていく由美さんに
一徹くんもどんどん興奮していく

そんな自然な二人の絡みは
素晴らしかったですね。


しかし
一徹くんの
いずみさんという呼び方の
イントネーションが違います。

これだと
和泉さんという
名字かと思っちゃいます。

小さなことですが
名前って何度も呼びますし

あだ名ならまだしも
普通の名前で
イントネーションが違うのは
やはりおかしいので
これはとても気になりました。

演出力ですよね これも。


些細なことかもしれませんが
こういうことが
気になってしまう女性は
案外多いと思います。



今回の
年上の女性との恋は
ハッピーエンド
(*^▽^*)

潤子さんや泉さんに
自分を重ねて楽しむのも良し
せっせと別の妄想をするのもよしですが


40代後半の
とっくに若くない女としては
こんな恋愛ものを演じてくれたことが
とても嬉しかったです。

タイミングもよかったと思いますし。
(*^▽^*)


ま、でも

私がもっと若かったら
母親みたいな年齢の人との
こういう作品はイヤだったと思うので

イヤな人も多いでしょうし
厳しい意見もあるでしょうね…



次々と作品を生み出すのは
とても大変なことだと思いますが

ファンとして
毎月の新作を楽しみに待っています。

良くても悪くても
好きでも嫌いでも

ずっと変わらず
応援していきたいな…と思います。
(*^▽^*)

by otpp | 2016-02-07 12:04 | AV鑑賞・感想♪ | Comments(2)