<   2016年 04月 ( 1 )   > この月の画像一覧   

第9弾 SILK LABO エロメンイベント in m`s studio   

2016年 04月 11日
なんと…
めでたく2部に当たり
無事に参加してまいりました。

始まる前にTwitterにあがった
一徹くんお風呂ポスターも
c0304922_17215352.jpg

サイン後に
めでたく購入(*^▽^*)

揉まれってぃも迷いなく買った私
c0304922_22330025.jpg

この類のものは
絶対 買います(笑)

ぜひ
FCでもいろんな商品を
販売してください^-^


今回のエムズ

実は当選メールが来なかったので
すっかり諦め
なんとか切り替えていたところへ
突然 宅配が届き

あけてみるとDVDとチケットが…
という

チケットを見ても
一瞬 なんだか理解できない状況で
喜びそびれてしまうという
そんな当選ではありましたが

でも
嬉しかったです
諦めていたからこそ。

参加できたことに
感謝感激

そして
今回は個人的に
とても印象深いエムズとなりました。


今回2部には
翔太くんが初出演

しかし
なんと翔太くん
遅刻しちゃったそうで

そのせいで
少し開始が遅れるというハプニング

まさかの
遅刻ですよねぇ


一徹くんに
罰として何かするそうです〜
と振られると

翔太くんは
一徹くんのモノマネを三連発

~イベントのときに
みんなに写真を撮られるときの一徹さん〜

これ
すごく似てました( *´艸`)

独特の動きと表情
バッチリとらえてましたね


一徹くんは

え?あんなんしてる?
しゃくれてる?
と 納得してない様子でしたが

でも似てました(笑)

間違いなく
あんな感じです(笑)


翔太くんの
こういうところ
いいですよね ほんと。

ほかの誰もできないことです。


ま、ツッキーや有馬くんは
まず遅刻をしないと思いますが(笑)


そんなわけで
翔太くんの
モノマネでスタートした2部
これもまた新鮮で良かったです。


そして今回
なんと
大堀さんの司会&カウント復活

そして
33歳の誕生日を迎えるということで
カウントのお時間も33秒

三秒って貴重ですよね
感激です。゚(゚^ω^゚)゚。



まずはサイン

翔太くんからでした。

サインは
翔太くんの人形の
ピンショットにお願いしました。
c0304922_22085373.jpg


♠これは〜

♥そうなの
これにサインしてもらいたくて。

♠はい
えーと…

♥シャツのあたりに
お願いしてもいい?

♠はい
あっ キキさんって
アカウント2つあります?

♥あぁ あります。はい。
繋がるのとリプ専用と
今はあんまり分けてないけど。

♠あ~ そうだったんですね。
(納得の笑顔)

♥舞台お疲れ様でした。
すごく良かった
ほんとに
すごく良かった。

♠ほんとですか?!
ありがとうございます。


ここで終了〜


次は
有馬くん

♠あぁ〜キキさんっ
(ちょっと驚いた風)

♥いやぁ 当たったの。
来れたんだよ~

♠そうなんだ^^

♥これに

サインは
やはり有馬くん人形の
ピンショットにお願いしました。
c0304922_22085453.jpg


♥なかなか会えないから
あえて嬉しいよ。

♠うん
でも六月 ね

♥そうだね

♠うん

♥あ、舞台お疲れ様でした。
やっと娘連れていけて〜
娘、カッコイイって言ってたよ

♠ほんとに?!
でも そうだね 会えたねぇ
ずっと言ってたもんね

やっと会えたよねぇ(*^▽^*)

♥ほんとよ
嬉しかったよ~


ここで 終了~


そして
一徹くん

カウントスタートしているのに
落としたペンを拾っていて…

思わず出たのは
♥え~っ やだ〜
せっかくの三秒が〜

♠ごめんごめん

〜サインは誕生日にプレゼントした
絵のコピーにお願いしました~
c0304922_22085587.jpg


♥これに

と絵を出すと

♠あぁ 相変わらず
すごいねぇ

あれ?これは…
オレがもらったヤツ?

♥そうそ
また描いたわけじゃなくて
あの絵をコピーしてたの。


サインをしはじめる一徹くん

すると日付を
4.19と書いてしまい
19の1をグチャグチャと消して
ミノムシに(笑)


♠そうかコピーなんだ
…じゃ 何描いてもいいね?

♥うん

すると
なんと 鼻水を描く一徹くん
(小学生かっ)

♥えーっ
もーっ
なんでそういうことするかなぁ
( ー̀εー́ )

♠ワハハ

ここで終了


♠また後でね


そしてチェキの前に
ちょっとお話しして
小休憩でしたが


そのときの一徹くんのお話

「一年前 僕とのチェキ

半年前
翔太くんとのチェキ

今回 翔太くんとのチェキ
有馬くんとのチェキ


ならないように全力で頑張ります!」

というようなお話しでした(笑)


心変わりは
仕方がないことですが
やはり
そうはさせたくないという

キングとしてのプライドですね^-^



そして
いよいよ
チェキスタート

私は
横ハグを選びました。


♠手 どうする?

♥つなぐ

と 恋人つなぎをしてもらい

撮影してくれる福元さんに
なるべくアップにしてください
とお願いすると

♦(つないだ)手をもっと上に

と指示されて
パチリ!

今回は
なんと
チェキが出来あがるまで話せました。

真っ白のチェキを渡されて
握手をして終わり
という流れではなく

結構長くお話することができたのです。


すると…


♠オレのところに来てくれたんだね

♥え?なんで?



...すいません。
詳しい内容は秘密です。


…とりあえず
ギュッとハグして終わりましたとさ

というわけで

私史上最大の
キュンキュン祭りでございました。

可愛すぎて
へたりこみそうでしたねぇ


一徹くん
さすがです。

言葉のチョイスといい
タイミングといい
完璧でした。

今まで生きてきて

こんなに可愛くて
こんなにストレートな
ヤキモチを
ぶつけられたことはありません。

惚れてまうやろーっ

って
惚れてますけども(笑)


そして
何度も
しかも
こんなにちゃんと
ハグをしたのは

この4年で
初めてのことでした(´ー`)



とはいえ

後悔というか
バツの悪さはハンパない

ま、自分のせいですが。


この
一徹くん?有馬くん? の問題

初めてお話した
ブログを見てくださっている
という方にも

え~っと…
有馬くん?ですよね?
と言われましたが


ま、そうですよね

肩入れしてます
有馬くんには。


でも これはもう
私の中では
割にハッキリしていることなんですが


もしも私がお金持ちなら

パトロンになりたいんですよ
有馬くんの


~あなたは
好きな仕事だけしてればいいのよ〜
…と
言ってあげたいのです(爆)


有馬くんのことは
それほど本気で応援しているし
大成してほしい。


で、前に書いたこともありますが

もっとも多い妄想は
うちの娘と結婚してもらって
私は義母となり
家族全員で応援する…というね(爆)

そういう
「愛」

なんとしても押し上げたい
という気持ちがあります。

恥をかかせたくない
目立たせたい

そのために出来ることは
なんでもしたい!
そんな風に思っています。


でも
一徹くんに対しては

全然 ちがうのです

もう
誰にも知られなくていい

これ以上
人気者にならないでぇ〜

…と思ってます。


ある意味
応援と反対側の気持ちですよね。


コアな世界
あまり多くない人数で抱え込みたい
というのが本音。

嫉妬と独占欲丸出しです。


善良なファンでありたい
と思っていますし
そうあろうと
頑張ってきましたが

それでも
モヤモヤしたり
嫉妬したりはしてきたのですよ

一徹くんに対しては
どうしても
そういう感情が湧いてきますよね

ま、
このルックスで
この声で

惜しげなく裸を晒し
理想的なsexを見せてくれている…

本来ならば
お付き合いしたり
2人きりでなければ見られない姿を
何度も見ることができ
(映像ですが)

本人と
実際に会うこともできて
話すこともできる。

↑これですよね。

会えてしまう。

そしてまた一徹くんは
期待通りの優しさで受け止め
楽しませようとしてくれます。

そりゃあ もう
「好き」という気持ちにも
妄想にも拍車がかかり

勘違いする人も出てきますよね。

私も
相当熱くなっていて
楽しいというよりは
苦しい時がありました。

別アカウントを作ったのは
みんなの一徹くんへのリプを
見たくなかったから…という

それくらい
嫉妬にまみれていたのです。


でも
大人ならば
どういう風に考え直して
どう落ち着かせるか…

…ですよね

まんま垂れ流したって
どうにもなりませんし。


ま、結局
穏やかな良いファンでいることこそが
自分たちの幸せに繋がる
…ということです。

それをきちんと認識し
よく考えて行動するべきなんですよね。

ルールを冒したり
遠慮なく言いたい放題言ったり
暴走していたら

荒ぶるファンから
彼らを守るために
規制やら制約やらが増えていき

距離はどんどん離れていくのですから。


一旦は
イベントのお見送りもなくなり
エムズは
急かされ追い立てられ
嵐のようになりました。

もう2度と
あんな風にならないように…

ずっと
こんな幸せな時間を過ごせるように
と願っています。

そのためには
ファン側も望みすぎず求めすぎず

我慢しなきゃならないこともあるはずです。


今回は
ファン一人ひとりとの時間を大切に
しっかり向き合ってくれていて

イベントは
ほんとに長い時間かかり
最後までいられなかった人は
多かったですが

でも
参加した人の満足度が高い
イベントになっていたと思います。

幸せそうなファンのみなさんを見ながら
私もずっと
同じように幸せな気持ちでした。


一徹くんが頑張っている間は

有馬くんと翔太くんも
トークで
しっかり盛り上げてくれ

長丁場で
ほんとうに大変だったと思いますが

スタッフの皆さまも含め
皆さまが頑張ってくださったおかげで
素晴らしいイベントになっていました。

エムズは
やはりこうでなければ。

前回も
ゆったりはしていましたが
今回は
更にそんな雰囲気となり

今回からは
DVDは通販となり
引渡しもなくなったので
始まる前の段階からスムーズで
とてもいい形に
落ち着いたのではないかと思います。


エムズも9回目
次は記念すべき10回目となります。

今回がラッキーだったので
さすがに当たる自信はありませんが

でも
また参加したいなぁと
心からそう思える
素敵なイベントでした。



そして…

この
ブログも早4年目

いろいろ
迷うこともありますが

こんな私に
会えて嬉しいと言ってくださったり
(感涙)

何人もの方に

楽しみにしてる
いつも読んでる
と声を掛けていただいて

勇気とパワーを
たくさんいただきました。


ブログを読んで
イベントに行こうと思った
とか
読んでから作品を買ってる
と言ってもらうと
本当に書いてきて良かったと思います。

そして

「読みやすい」
「わかりやすい」
と言ってもらえると

そう心掛けてきたので
本当に嬉しいです。

これからも
頑張って続けて行きたいと思います。


お会い出来た皆さま

本当に
ありがとうございました。

そして
これからも
どうぞよろしくお願いします。
((。´・ω・)。´_ _))

by otpp | 2016-04-11 08:40 | イベント&メディア | Comments(4)