<   2016年 08月 ( 1 )   > この月の画像一覧   

an・an 2016 ~ずっと彼を求めてた〜   

2016年 08月 18日
まずは
東惣介くんと紺野ひかるちゃんの

「越えちゃったね♡」

秋也と葵のストーリー


友達から恋人へという
永遠のネタ(笑)

東くんも紹介文で
みなさんにも
一度や二度
いや
三度や四度
経験が
おありでしょう(笑)
と言っていましたが

いやぁ これ
ほんとにあるかどうか
というと

あったとしても
1度…
くらいでしょうかね…

そんなに何度もあったら
友達いなくなっちゃいますし(笑)

でも
とにかく
漫画でも小説でも
ドラマでも

恋愛絡みの作品では
どれだけ読んだことか
見たことが

あぁ
こういうパターンね〜
という

酔っ払い設定も
まさにそうですが

テッパンネタ故の
安心感みたいな

結局
酒が入らなきゃダメか〜
と思ったりはしましたが

飲み会のあと
眠ってしまった彼女を残し
他の人が帰ってしまって...という

良くも悪くも
ありがちな流れは

これはこれで
とても
良かったと思います。


そして
東くんですが

まず
an・anに出る!
これは
やっぱりすごいことですよね

お相手の紺野ひかるちゃんも
とても可愛くて
素敵なan・anデビューとなりました

おめでとうございます!
(^-^)//""


私が東くんを初めて見たのは
SILKデビュー作品でしたが

そのときの印象は
正統派なオトコマエで
ソツのない人だな
…という印象でした。

実際に会ったのは
3月
REXY(劇団)の秋葉原のイベント

サインをもらったときは
人懐こい印象で
わざと堅苦しい言葉を使う
面白いコ(笑)

サインはまだなくて
綺麗な楷書でしたが
それがまた初々しい印象でした。


作品の中の東くんは
印象通りの
カッコイイけど
ちょっと天然な彼。

ちょっとおバカさんな可愛い彼
というのは
母性本能をくすぐられ
魅力的ですよね。


友だちだった2人が
恋人になる瞬間を見る
というのも
なんともくすぐったいのですが

スイッチは
強制的に入れられた感じでした。


〜じゃあ
キスしてみようよ

ドキドキしなかったら勝ち~


~ごめん
オレの負けかも
オマエは本当にドキドキしない?〜


そして……


SILKのCOCOONより
さらにソフトというか
普通のラブシーン的で

初めて観る人にも
抵抗がない作品になっていると思います。


そして
有馬くんと北川エリカちゃん

「久しぶりだね、こういうの」

陽太と希美のストーリー


エリカちゃんが
29歳 年上彼女

有馬くんが
26歳 年下彼氏

という設定ですが

たぶん
エリカちゃんのほうが年下では?

と思って
調べたところ
やはりそうでした。

エリカちゃんは現在29歳
役は実年齢でしたが

有馬くんは
31歳なので
本当は2歳年上
学年では一学年上ですね。

しかし
役は3つ下の彼氏


はい
ちゃんと
年下彼氏に見えました。

~のぞみさん~
と呼ぶだけで
年下感は出ますが

なんというかね
ちょっと すがるような目をしたり

ちょっとダダをこねるような

〜謝らせたかったわけじゃない~
というようなセリフ

〜くっついていい?~
と背中にくっつくところ…


とことん優しくて
気をつかってるところは
さすがですね。

年下感たっぷりでした。


可愛い彼にしても
クールな彼にしても
どの程度
どこまで表現するか

そこは役者さんや
演出次第だと思いますが

有馬くんは
クールなときは
彼女に感情移入して
泣けてしまうほどクールで

可愛いときは
見ていてニコニコしてしまうほど
可愛い(*´︶`*)

そうやって
心を動かしてくれるところが
大きな魅力だと思いますし

私は
有馬くんが演じている彼を見ていると
思い出すことがたくさんあり…

いいことも
悪いことも
たくさん思い出せるのは

やはり
有馬くんの芝居が
それだけ「良い」から。

そんな
芝居のできる有馬くんが
大好きです。

そして…
お相手の北川エリカちゃん

なんと まぁ美しいこと…
✿゚❀.(*´▽`*)❀.゚✿

真っ白な美肌
美しいボディライン
お顔も毛穴レス

こんな風に生まれていたら
人生変わったろうなぁ

なんてことを思いつつ
しばし見惚れました。

女優さんって
ほんと素晴らしい存在ですよね。



最後は
一徹くんと市川まさみちゃん

「ぜんぶ、懐かしいね」

圭悟と瑞穂のストーリー


OL然とした市川まさみちゃんと
彼女の上司という一徹くん

彼女の部屋に
彼女が忘れた資料を一緒に取りに来て
そのまま
翌日のプレゼンの資料を作るのですが

しかし
ふたりは~元恋人〜

複雑な始まりです。

しかも
彼女がバッチリ線を引いている
というか
バリアを張ってるというか

なんだかピリピリしていて
付け入る隙がない(苦笑)

でも
どうにか

〜焼けぼっくいに火がつく~

というところへ持っていきます
(*^^*)

この
難しい雰囲気のところを
なんとかたぐり寄せた彼

今回のは すごいなぁと
一徹くんのうまさに感動です。

なんだかもう余裕すら感じられる…
というのは
まぁ
とっくにそうだったとは思うのですが

今回は
彼女に警戒心もあり
難しい流れに思えたからこそ

なんか
すごいなと
見終えて素直にそう思いました。

NOTTVで鍛えられた
成果が出ているなぁなんて。
(*^^*)


そして
一徹くん
ビジュアルが良かったですねぇ
カッコよかった(*´︶`*)

これ
とても大事です。

一徹くんは
「前髪」ですよね。
これ
ほんと気をつかってほしいところです。

今回の作品では長めですが


前髪を切りすぎるとヘンなのは
世間一般
男女問わずそうですし
結構 失敗することもありますが

でも
こういう仕事をしてる方々は
写真や映像に残りますしね…

短すぎるのはもちろんですが
長すぎて
無理やりセットするのも
ダメだと思います。

一徹くんは
結構
どちらも多いような…

なので
個人的には
前髪をとても気にして見ています(笑)

と、いうわけで
思わず一徹くんの
前髪を語っちゃいましたが

今回は
長めでクールな印象
カッコイイです ほんと。

そして
あざといスーツ姿も

ネクタイを緩めたり
ボタンを外すのも

そりゃあ素敵にスマートに
やって見せてくれてます。

唯一
一徹くんだけは
しっかり裸で
ヒップまで映っていて

全国誌仕様といいながらも
SILK LABO 作品
COCOONレベルでした。

そういう意味でも
600円のan・anは
やはりお買い得です(*^^*)


お相手の市川まさみちゃんは
みるみる美しく
いい表情になっていく
とても魅力的な女優さんですし


今回は
3作とも
とても良かったです!


オススメ
☆☆☆☆☆☆

by otpp | 2016-08-18 06:58 | AV鑑賞・感想♪ | Comments(0)