専属卒業

一徹くんとツッキーが
一月いっぱいで
SILK LABOの専属を終え
卒業すると発表がありました。

牧野さんから
コメントも出ましたね。


一月…

一徹くんがchの専属となり
その期限が一月までというのを見た時
ちらっと考えたりしたのです。

なんでかな?と思って。


今回の発表で
あぁこういうことか…と納得しました。


2人が専属となったのは
一徹くんが8月で
ツッキーは12月だったと思います。

でも
2人とも
一月で卒業ということは

会社側からか
一徹くんとツッキーからかはわかりませんが

前もって申し入れをして
話し合った結果
一月ということが
決まったのだと思いますし

そこには
なんらかの事情が見て取れるわけですが

私たちに
そんな事情はわかるはずもなく

発表には
動揺する人がとても多かったと思います。


私も
通知からTwitterを開き
ブログに飛ぶときには
もうすでに不安でした…

予感めいたものがありますよね

一徹くんがブログを書くというのは
今はもう
特別な時しかありませんから…。


読み進めなから思ったのは

あぁこれは
…来たかな

うん
来た…ね

…そうか
そうなんだ…

でした。


ガ━━(゚ω゚;)━━ン!
ではなく

あ、この日が来たんだなと
静かにそう思いました。


「引退はしないつもりです」

この言葉で
少しホッとしつつも


引退はしない「つもり」です

「しばらく休む…」というところで

しばらく会えなくなる…
というのを確信し
なんとも言えない
不安とさびしさを感じました…


でも…
一徹くんのファンとなり
いろいろ知って
イベントに行くようになったときから ずっと

みんなそうだと思いますが
いつも
覚悟はしていました…

だからこそ
会えるうちに
会いに行かなければと

不安と焦燥感に追い立てられるようなところが
あったような気がします。

専属だからこそ
月に2度の
定期イベントがあり
ファンクラブもあり
いろんな情報も知ることが出来る

それがわかっていたからこそ
祈るような気持ちで
熱く応援していたのですよね。

そして
どんどんファンが増え
人気が出たからこそ
出版も続き
イベントも開催され
メディアへの露出も増えたわけです。

祭りだと
一徹くんは言っていましたが
多分
こわいくらいの変化だったことでしょう。

ファンは
必死に着いていくだけでしたが

一徹くん本人は
期待されることも多く
本当に大変だったと思います。

将来については
不安で仕方ないと言っていましたし

40までは現役でいたいという
具体的な数字を見た時から
覚悟は強まっていました。

だからこそ
何よりも優先して
会えるうちに会おうとしてきましたし
そのために無理もたくさんしました。

なので
あぁ 来たんだなと
意外に冷静に
受け止められましたが

それでも
あと2年は大丈夫だろうと思っていて

専属に関しては
多分 引退するまで続くだろう
とも思っていたわけで
卒業には
私も少なからず動揺したのです…

とりあえず
1日経った今思うことは

一月の終わりに
一徹くんは何を言うのかな
一月のイベントはどうなるのかな

もしかしたら
何も変わらなかったりして…^^

不思議と楽観的なのは
まだ
実感がないからかもしれません。


2月から
フリーなのか
それとも他の事務所に行くのか

ということは
有馬くんや翔太くんと
同じ感じになるだけなのか

いや
そもそも一徹くんは
今の仕事を
続けていくつもりなのだろうか…


わからないことだらけですが

でも
追ってブログをあげてくれたツッキーは
一徹くんよりは
少し前向きな雰囲気で
具体的でもあり

SILKの仕事は受けるつもりだし
仕事の自由度が増すだろうというような
そんな感じでしたね。

読みながら
ツッキーの方が
幾分ショックが少ない書き方…
なんて思いつつ


あらためて
2人とも卒業か…と思うと

まさに
走馬灯のように…ですよね

今までのあれこれを
一瞬で思い出しました…


私は
一徹くんが業界初の専属男優となり

検索ワードにあがったのを検索したのが
ファンになったきっかけなのです。

ヒットした画像を見て
即堕ちました^^

まさかの
フォーリンラブ

この出会いに心から感謝しましたが

しかし
向井理くん表紙のan・anが
ブレイクきっかけと知ったときは

マジで?と
驚きました。

向井くんのファンだった私は
そのan・an持っていましたし
当然付録も観ていたはず

…が
そのときは
向井くんしか見えてなかったので
全然
まったく響くことはなく

付録はおろか
特集そのものも忘れ去っていたのです…


憶えていたのは
向井理の表紙とグラビアのみ(笑)


一徹くんを好きになるほどに
それを嵐のように悔やんだりもしました。

そのときに
好きになっていたら…

そしたら
専属前からずっと追いかけられたのに

…と。

でも
何事にも
タイミングというのかあるんですよね。

私は
一徹くんが専属にならなければ
一徹くんを知ることはなく

ファンとして応援することも
多分なかったわけで

なので
専属となってくれたということに
本当に感謝しているのです。

そのおかげで今がある

本当にそう思っていますし

だからこそ
SILK LABOに感謝し
熱く応援し
イベントに出演するようになった
大賀くん、有馬くん、翔太くん、東くん
みんな応援してきました。

これからも
SILK LABOが在り続ける限り
応援して行きたいと思っているので

素晴らしい作品を生み出して
心をつかんでいてほしいと思います。


ファンとして
どんな選択も、変わり行くことも

全部全部
必死に受け入れて
着いていく覚悟をしているということが

どうか伝わりますように…
by otpp | 2016-11-23 01:50 | イベント&メディア | Comments(15)

2016年11月12日

新作DVD発売記念イベント
サイン&握手会に行ってまいりました。

渋谷のTSUTAYAは
ツッキーも思い出深いと言っていましたが

私も二年前
初めて
silk作品をレンタルしたお店なので
とても印象深く

多分この先も忘れることがない
思い出のお店です。


渋谷TSUTAYAは
外観が白くてオシャレですよね。

普通の店舗は
青と黄色のカードそのままのイメージで
とても目立ちますか

渋谷TSUTAYAは白いせいで
青と黄色のイメージでいると
ちょっと見つけにくいかもしれません。

JRハチ公口から出るとすぐの
角の大型店です。


イベントは
DVDを電話予約して
イベントの前々日
発売日から整理券を配布。

ちょうどその日から
一徹くん
有馬くん
翔太くん
とChの
麻生くん
浅井くん
前田くん
がモデルとなった
野村佐紀子さんの写真展があり

多分
その写真展に行く人は
整理券の引換えににも行くだろう…
と思われ

そうすると
どのくらいの時間になるのか
予想が難しい中

DVDの発売日翌日
写真展後にSちゃんが
引換えに行ってくれました。

すると
そのときすでに
15時00分からとなっていて

私たちにとっては
バッチリの時間帯でありがたかったですが

でも
遠方から当日来て引換える方々は
間違いなく夕方から夜になるわけで
大変だろうな…と思いました。


ま、今回は写真展があったので
先に引換える人が多かったですが

もし次回
こういう機会があれば
やはり当日引換の人が多いですよね。


イベントは
とてもスムーズでした。

集合時間にTSUTAYAの2階に行くと
非常口から番号を呼ばれ
番号順に階段と踊り場にぐるっと並んで
順番を待ちます。

下の階の入口すぐのところが
パーテーションで仕切られていて
その中で
ツッキーと一徹くんが
長机に並んで座っていて

ツッキーと一徹くんの前に
スライドしながら
サインをもらって握手をしていきますが

後ろにスタッフさんがいて
ストップウォッチでカウントしています。

15秒くらいでしょうか
ちょっとオーバーしても
20秒に収めよう
という感じだと思います。

全員参加でサインをもらうとなれは
これはもう
この形しかないですよね。

私はツッキーには
DVDジャケにサインをもらいました。

キキ「こんにちは。おつかれさまです」

ツッキー「いつもありがとうございます」

キキ「ここにサインをお願いします」

ツッキー 〜サインカキカキ~
そして握手

キキ「ツッキー手あたたかいね」
と言うと
なぜか照れたような笑顔で

ツッキー「そうですか?(*’-’*)エヘヘ」
と再握手してくれました。


そして一徹くん

一徹くん「おぉ~こんにちは」

キキ「こんにちは(*^^*)
今日は これにお願いします」

とスマホを出すと
一徹くん「えっ?!いいの?!」
と。

キキ「うん」

ところが
私のNEWスマホ
あまりに表面がツルツルすぎて
油性なのに はじきまくり(苦笑)

まさかの事態に
アタフタして

キキ「じゃここに」
とDVDジャケにもサインをもらい

バタバタで握手をしたのですが

一徹くん「いつも本当にありがとうね」

最後にちゃんと顔をみて言ってくれました。

2度もサインをさせてしまって
申し訳なくて動揺していましたが

そういう
一徹くんらしい優しさに
癒されました。

短い時間ではありますが
一瞬でも向き合ってもらえるのは
なんと幸せことかと
あらためて
ありがたさを噛み締めるような
そんなイベントでした。

全員参加のイベントを
今年は何度もやってくれましたね。
本当に感謝しています。



そして
イベント後
Sちゃんの誕生日会が決まっていた私たち

しかし
予約の時間まで一時間あったので
二組にわかれ

一組は買い物へ

そしてもう一組は
タクシーを拾って
4人で野村佐紀子さんの写真展へ行きました。

写真展は
予想通りとても盛況で
1階から2階へ
そして2階から1階へと
見て歩きましたが

入場のところに浅井くん
2階には麻生くんと前田くんがいて

翔太くん いないなぁと思ったら

1階に戻ると
お見送りで翔太くんがいました。


帰るときに話しかけると
気さくにたくさんお話してくれて
帰りもずっと見送ってくれて
本当にイイコだなぁと(*^^*)

とてもオシャレで
垢抜けた翔太くん

小柄なところすら魅力的で
それも武器にしちゃってますね
人気者になるのも納得です。

↑という話を
帰りのタクシーで
喋りまくりながら
楽しく
誕生日会のお店に向かうことができ

バタバタながら
写真展にも行くことが出来て
本当に良かったです。
(*^-^*)


肝心なお写真ですが

とても素敵で

野村佐紀子さんらしいな
という気がしました。

モデルは優しげな顔立ちの
美青年たちばかりですが

それはきっと
野村さんの好みでもあるのでしょう

そして
いつもの
憂いの表情

私はcaramelや
恋セラの一徹くんが大好きです。

パァーっと笑顔のお写真も
元気が出て素敵ですが

でも
野村さんのお写真は
やはりこの表情

これは
元々 哀感をもつ
有馬くんや浅井くんにとてもハマっていて

私は
2人の写真が特に印象に残りました。


裸で
冷たそうな車だとか
地べたでの撮影は
辛かっただろうなと思いながら
全ての作品を見ましたが

時間とお金に余裕があれば
作品写真のポラロイドも欲しかったし
みんなとのポラも撮ってみたかったです。
(´;ω;`)

でも
とても貴重な機会となりました。

感謝(*´ω`人)感謝
by otpp | 2016-11-19 15:41 | イベント&メディア | Comments(2)

EROMEN SHOWCASE Vol.13

遅くなりました~

もう内容については
細かくは書けませんが

2016年10月22日
SHOWCASE13に
行ってまいりまいりました。

c0304922_20013197.jpg


SHOWCASEも
13

というわけで
感慨深かったりしますが

今回は
続けてイベントに
参加できたということに
感無量

号(┳◇┳)泣

しかも
今回FC席ということで
大変ありがたく

貴重な機会を
楽しんでまいりました。

ハズレ続きに
腐ってた日々も
これで
もう帳消しです(笑)


さて
SHOWCASE

今回は
ハロウィンということで

牧野さんは
オレンジのカボチャの
被り物をかぶって登場。

そして
有馬くんが
可愛い囚人

ツッキーが
ピエロ
(と、自分で言ってました)

一徹くんが
トランプマン


ツッキーは
ズレ落ちてくる帽子を
しょっちゅう直しながらで

なんとかならないの?
と思いましたが

休憩後も変わらず(苦笑)

私なら
なんとかするのになぁ
と思いながら見ていましたが

そんな状態なのに
とにかく
帽子をずっとかぶり続けてくれたことに
感謝感激

ツッキー
ほんとイイコだな
(*´`*)


そして今回は
いつもと趣向が違っていました。

イベントスタート前
12時30分くらいに

牧野さん登場

「今日はファン参加型イベントなので
参加したい方は
今日のイベントの当選番号(入場順)を
紙に書いて抽選箱へ入れてください」

と案内がありました。


抽選箱の前は
長蛇の列

みんな
やる気満々~( ๑・ิՕ・ิ๑)و グッ!



イベントは
一徹くん
ツッキー
有馬くん
それぞれが3人のファンを選び

ゲーム対決

最初は
お絵描き伝言ゲーム

お題の絵を描いて
その絵を見て次の人も描いて
それを見てまた次の人も描いて…
ラストの人が
お題が何だったのかを
答えるというものです。

以前やったことがありましたが
一徹くんは
キティの耳を丸く描いて
クマって言われたなぁ

なんてことを思い出し
うーん
微妙かも…と(笑)


お題は
魔女(ツッキーチーム)
フランケンシュタイン(一徹くんチーム)
など
ハロウィンっぽいもの

そして
ピカチュウ(有馬くんチーム)
のようなメジャーキャラ

これはラッキー問題と思いきや


有馬くん
ピカチュウにヒゲ描いてました(爆)

ヤバイ…
これ
なにか違う生き物になるのでは?
と心配しましたが

有馬くん愛に溢れるファンの方々
しっかり当ててくれました^^


傍目には簡単に思えますが
やってみると
意外にどう描いたら良いのかが
わからなくなるのかもしれませんね
(*^^*)


そして
もう一つのゲームは
トイレットペーパーを
巻き付けて
ミイラ男にしちゃうゲーム

正式には
マミーラップゲームというのですね。

一徹くん
ツッキー
有馬くんに

ファンが二人ずつで
ペーパーを巻き付けます。

1人は巻いて
1人はペーパーが破れたら
テープで補修する係となり

ヨーイドン!


優勝は
有馬くんでした。

有馬くんは
本人がくるくると回って
とても早くてキレイな仕上がり。

多分
囚人衣装も柔らかく かさばらず
有馬くん自体がホッソリとしていて
凹凸の少ない身体というのが
良かったんでしょうね。


一徹くんチームは
ロールの向きを逆にするべきだったかな
と思いましたが
なかなかの仕上がり


ツッキーは
なんと
ペーパーが足りませんでした(笑)

大きなツッキーは
肩あたりでペーパー終了^^

でも
優しいツッキー

「どちらにしても
ボクは汗だくなので
顔に巻いてもペーパーが溶けます」

と言ってました(´^ω^`)


ツッキーは
お絵描きゲームでも
とても優しくて

最後のコが
当てられなかったんですが

イラっとすることなく
(ともすると そうなりそうな展開でしたが)

いいよいいよと
気にしないでね
という感じで見送ってあげて

参加者へは
飴を一掴みプレゼントしたのですが

これも
豪快すぎて全員に回らなくなる
という(笑)

もう
何から何までツッキーらしく
ほんと
優しいんですよね ツッキーは(*^-^*)


そして休憩後の
写真撮影について

この衣装のままか
着替えた方がいいか

会場に問う牧野さん


拍手は
衣装のままが多く(私もそうでした)

可愛い衣装での撮影会となりました。


有馬くん
c0304922_18092847.jpg

囚人服姿 可愛かったです


ツッキー
c0304922_18093042.jpg

今回は
可愛い表情いっぱいでした。


一徹くん
c0304922_18093235.jpg

可愛かった~(*''-''*)ポッ


3人
c0304922_18093347.jpg



ツッキーの
可愛い帽子
c0304922_18093537.jpg


一徹くんとツッキー
仲良し ごっつんこ
c0304922_18093719.jpg



とにかく
お帽子姿が
可愛かったです♥
c0304922_18093864.jpg



アカシックの終電のMVで
白い帽子姿に萌えまくった私ですが

今回の
ちょこんと乗った帽子もまた
可愛いなんてもんじゃなく

キュンキュン
させてもらいました。

一徹くんの帽子姿大好きです♡
メガネもいいけど
帽子も可愛い(*^-^*)


さて
ラストは
いつも通り抽選

なんと
ボツチェキのプレゼントと
最後のハグ

お仲間が当てて
ビックリฅ(*°ㅁ°*ฅ)

ツッキーも
一徹さんで2つ当たるって
すごい事ですよ〜!と
言ってました

やったねヾ(*'ω'*)ノ゙


いつか私も

当たって
(*/ω\*)キャー!!
とか叫んでみたいものだと思いつつ

4年目(笑)

あと100回くらい参加しないと
当たることもないかなぁ(爆)


とりあえず
ハグイベントの順番を
お利口に待っていようと思います(*^^*)


そして
お見送りは


有馬くん

キキ「お久しぶり~会いたかった~」

有馬くん「おぉ~久しぶり~(*^^*)」

ギュッと
ハイタッチの手を握ってくれました。

すごーい!

塩と言われる有馬くんです(笑)
私も そのように言ったことがありますが(笑)

でも
ギュッでしたよ
初ヽ(^ω^)ノ

ほら
こんなことで
こんなに喜びます!(笑)

また会えた時は
優しくしてね(*^-^*)b


そして
ツッキー

キキ「ありがとう~」

ツッキー「ありがとうございます〜」


一徹くん
キキ「ありがとう。すごい楽しかった~」

一徹くん「ほんと?! 良かった~(*^^*)」


今回は
巻き巻きで
ほんとに会話は無理でしたが

それでも
この一瞬は
とても幸せです。

感謝(*´ω`人)感謝


と、いうわけで
11月は
TSUTAYAの
DVD発売イベントと
ハグイベントですね。


そして
野村佐紀子さんの写真展

一徹くんの写真集
「光源」も発売されるとのこと


楽しみです
ヽ(^ω^)ノ

by otpp | 2016-11-04 17:33 | イベント&メディア | Comments(10)

10月 おわった…

(v_v`)ハァ……。

いきなり憂鬱な 顔文字ですが

やっと
やっと
10月が終わったよ


9月もですが

ほんとに
人生最大の憂鬱にまみれた
2ヶ月が終わってくれました。



一年前の9月はじめに
人身事故を起こしまして

お相手は
バイクで全治2週間の怪我…

他人様に
痛い思いをさせてしまったことは
とても申し訳なく

大きなショックでもあり
ただただ
打ちひしがれておりました。

が、
住んでる町は田舎故に
翌日からまた運転する日々

幸い
お相手は無事に完治されて
年末には示談が終わりました。

で、私は
何も知らなかったのですが

こういった人身事故の場合
当然ですが
ドライバーの罪が問われるわけです。

お相手との示談云々とは別の話なのですね。


前方不注意等 交通違反を犯し
その結果 交通事故を起こし
相手に怪我を負わせた

その罪を裁かれるわけです。


で、それは
なんと翌年の5月に始まりました。
実に8ヶ月後のことです。

警察から出頭要請があり
ドラマのような
取調室というところで
身の上話込みで
事情聴取され
調書をとられ

二時間あまりかけて
作られた調書に目を通し捺印

最後に

「これは
検察庁へまわされます。
後日連絡が来るので
次は検察庁へ出頭してください」

などと言われて
取調べは終わるのですが


もう…
これだけ時間が経ってると
ほとんど覚えてはいないわけです…


衝突の瞬間と

助け起こした時の
お相手の様子

周囲の喧騒

警察がきたとき

病院へ行ったとき


断片的なそれらの記憶を
引っ張りだし
寄せ集め…

私の場合は

そのとき
その場で見ていた方が
警察が来たときに
いろいろ話してくれていて

私はそれを覚えていました。

なので
そうだったと思う
的な話をするわけですが

ま、
結局そんな曖昧で

それゆえに自分寄りな記憶というのは
実際は
違っていたりするのです。


それが明らかになったのは
さらに4ヶ月後のこと

9月の半ばすぎ
検察庁へ出頭してからのことでした…


駅前だったので
カメラの映像が残っていて
事故の一部始終が
ハッキリわかるのですが

これ
警察で一緒に確認できなかったのは
なぜなのでしょう…

記憶の曖昧さは当然なのに
わたしは
検察庁ではじめて事故映像を見せられ
自分の何がどのように悪いのかを
事細かに説明され

自分の曖昧な記憶を正され

事故の原因はどこにあるのか
というのを知ったのです。
(これが驚くほど自分が悪かった…😭)

その後 検事さんは
「供述内容と違うところを
今回の話に沿って書類を作り直すので
また
後日連絡しますので
検察庁へ出直してください」


仰いました。

しかも
後日 とはいうものの
数週間かかるだろう

と告げられたのでした…


そんな9月…


忘れていましたが
9月の始まりは
親知らずの抜歯からで

それもまた最悪な二週間(T_T)

それが治まったところで
検察庁出頭だったのですよね(´・ω・`)


それでも
なんとか
気持ちを切り替え
頑張らなきゃならないのですか

今度は
天候不順のせいか
喘息がではじめ

薬を飲んでいれば
大丈夫だと思いましたが

何日も何日も長びいて

そんな中で
息子の学校行事がつづき

喘息はちっとも良くならず
生理は1週間も早く来る(T_T)


そんな9月に続いて
怒涛の10月…


10月6日
いきなりスマホが壊れ
買い替えることに。

翌々日がロフトイベだったので
スマホが使えないのは致命的

なので
即刻 機種変更し

無事に
イベント&飲み会を楽しみました。

しかし
そんな浮かれた連休の
10日

なんと
今度は
ぎっくり腰(>︿<。)

最初は
たいしたことはないと思いました…

これなら
3、4日で治るかな、というような。

でも
これがまったく違っていて
今までになく長引いているのです…

無情にも病院の薬(痛み止め)がおわり

ほんの少し
マシになりかけたかな…と思うと
更に痛みが増すという

しかも
そんな10月21日
検察庁へ再出頭

腰は今も痛いですが

21日は
杖をついて検察庁へ行きました(T_T)


そして
ごってりと時間をかけ
再度全ての確認をとられつつ
供述調書を作っていただいて
サインと捺印

書面での裁判となる
略式起訴を選び
その手続きもしましたが


しかし…
違反ありの人身事故の刑罰

皆さんの理解はどの程度でしょう?


重症や死亡ならば
当然 判決は禁固刑となり
交通刑務所に服するわけですが

そこまでに至らない事故の場合でも
基本的に人身事故というのは
禁固刑ありき

お相手の状況次第で
罰金刑となるのです。

が、

その罰金の額
なんと
100万円以下

私の場合
7、80万くらいになるかも…
と言われました。

保障は保険で対応しますが

罰金は
自身で支払わなくてはなりません。

多額だというのは
知ってはいましたが

正直なところ
ここまでとは思っていませんでした…

ま、
でも
自分のせいですから(´;ω;`)
償わなくてはいけません。

すべてを認め
心から謝罪し
結審していただきました。


そして
帰り道

バスにゆられて泣きました。


体もズタボロで
情なくて辛すぎましたが

そのときは
もう
ただただ
後悔にまみれていました(>︿<。)

罪の重さと
罰の大きさに
打ちひしがれてもいたのです。
(ノД`ll)


しかし
翌22日は
ロフトイベント
+ 仲間のBirthday party♪


楽しみました 心から

せっかくの
素敵な1日ですから。


一徹くんとツッキーと有馬くんに会い
仲間とちょっぴり飲んで
たくさんお喋りして…

すると
帰り際から
喘息が悪化…

そして翌日
10月23日
買ったばかりのスマホが
なぜか充電出来なくなり

結局 代替機となりました(T_T)


こうなると もうね…

私なんか
楽しんでいてはいけないんだ…と

何もかもに見放されたような…
全て諦めよう…
というような気持ちになるのです

もう
ここまでだと
笑えるくらい
踏んだり蹴ったりで
泣きっ面に蜂なわけですが

渦中ではいっぱいいっぱいで
とても
笑い飛ばせる余裕はなく
毎日毎日 嘆きまくっておりました。

それがまた
良くないというのもわかっていましたが
でも嘆かずにいられない
そんな気持ちだったのです。


でも
そんな中
娘が教員採用試験に無事合格したことに
元気をもらい

1人で母の墓参りに行きました。

で、
そこで
どうにか切替えられたような気がします。

不思議ですが
お墓参りをすると
いろんなことが落ち着きますね…

親というのは
亡くなってからもなお
ほんとにありがたいものです。


腰はリハビリのおかげで
少しずつ痛みが遠のいていて

喘息も薬が効いて急に楽になり

そして
仕事もそれなりに出来るくらいになりました。

すると
仕事中に
検察庁の
検事さんではなく
事務次官さんから電話があり

また出頭かと身構えると

なんと
刑は思っているよりも
軽くなると思う、というような

お相手の怪我が幸い軽かったですし
お相手が許すという気持ちになってますし
Yさんご自身が罪を認めて
深く反省しているというところが認められ

罰金刑となり
その罰金も
100万円以下とのことですが
そこまでにはならないと思われます…

というような 連絡をいただき


怒涛の10月
ようやく終わりました…



会社で
ハロウィンのお菓子を配りながら

あぁ終わるなぁと
泣きそうになりました。


仕事終わりに本屋に行き
一足飛びに
来年になってほしくて
手帳を買おうとしましたが

それより
体重記録ノートにしようと思い

キリよく
11月スタートにしようかと思いましたが

ノートは
月曜日スタートだったので
10月31日スタートとなりました。

スマホのアプリには
前から記録していますが

ノートはノートの良さがあるので
会社のスタッフさんと一緒に
まずは一ヶ月
頑張って体重グラフと
食事日記を書いて行きたいと思います。

ダイエットは
気持ち新たに~
ともいきませんが(苦笑)

腰のためには
増加したままではいられませんし
きちんと続けて行きたいと思います。

思えば
それを怠ったから
悪い流れを引き寄せたような気もして

これからは
前向きに
1年の締めくくりに向けて
努力していきたいと思います。

by otpp | 2016-11-01 21:14 | 日々徒然 | Comments(4)